--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'09.23.Fri

「東京S黄尾探偵団―Kの処刑場」響野夏菜

東京S黄尾探偵団―Kの処刑場

久しぶりに読んだ本がこれでした。古いですが。しかもラノベ。
会話文が多いのは相変わらず苦痛だけど、そんなに気にならなかった。ミステリ仕立て。のせいで頭コーンカラマリ。コーンカラマリにはちょっと思い出が。大尉との思い出が。

大人ペアが好きです。そのうち付き合わないかと目論んでます(!
五月六月があまり目立ってなかったようですが、彼らも好きですよ?ちょっと大人ペアが素敵だから霞んで見えるのです。

事件にしても意外にあっさり終わってしまった……。

メイと書いてあると自分かと思うときがある。それも別世界で生きるものの宿命。

カザムのK(! ★★★
スポンサーサイト
├響野夏菜トラックバック(0)  コメント(0) 
2005'09.23.Fri

「動物のお医者さん 全八巻」佐々木倫子

動物のお医者さん (第1巻)

久しぶりの更新です!

存在は知ってたけど、それまで読んだことはなかった。佐々木氏との出会いがヘブンだったので、その後読みたいと思いつつずるずると。佐々木氏だと知らないころは例によって感動ものだと思ってました。ワイルドライフのような……!

獣医ではないけど、遺伝関係もやってる研究室だったので、というか私の代はみんな遺伝関係、この本読んだことのある友達たちが盛り上がってました。大腸菌がコリーだったり、オートクレーブでイモ蒸したり、お汁粉コンタミだったり。なんだか懐かしさにしみじみと。絶対うちの研究室のオートクレーブじゃイモ蒸かせないな!汚すぎて。アグロが。コンタミが。
あー、ドラマ見てみたい。

チョビスキー! ★★★★
コミックストラックバック(1)  コメント(2) 
2005'09.10.Sat

「ローワンと魔法の地図」エミリー・ロッダ

ローワンと魔法の地図  リンの谷のローワン〈1〉

泣き虫ローワン!弱虫ローワン!へたれローワン!

ずいぶん前に読んだのですが、書くのを逃してました。翻訳ものの児童書。

主人公が弱虫、泣き虫、へたれっこ!
それいて、一番強かったりして。か、かわいい。
村のみんなにも弱虫だと見下され、自分も思っていたりして、でもスターを思う気持ちは誰にも負けなくて、大事なもののためにがんばる姿がかわいくてかわいくて。

話も読みやすい。
なんだか心癒される話。

へたれローワン! ★★★
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。