--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2004'12.31.Fri

「動物園の鳥」坂木司

動物園の鳥

「坂木、俺は大丈夫だから」
「……え?」


もうその一言で涙があふれたとも!

引きこもり探偵最終巻。
巣立ちのときがや、やってきた……!!

その一言で、もう、いっぱいです。胸がいっぱいです。
トリイ、成長したな!その一言で救われた気がした。だけど逆に坂木はうれしいけど、寂しさもあって、それでもうれしくて、一文でぐわっと湧き上がるものが。

だけど違った。それ以上のものが待ってた。
巣立たないといけないはわかってたし、最終巻で向かい合うことはわかってたけど、そのシーンが、せつな過ぎて、悲しくて、胸が痛くて、目から洟からばたばたと、とまらなかった(失礼だ
軽く号泣。と同時に猛烈な萌えが。
それでいて、最後のドアを叩くシーンで終わるのが、印象的で、また涙涙。
もうどうすればいいんだ!!ぐらいに涙が。
この続きが読みたいと思ったシークレットトラックが。
ぎゃー!!ト、トリイ!!!!ハアハア。

もう一個大好きなシーン。

そして間もなく、信じられないことに鳥井は本当に寝た。体勢が崩れたときに一度だけ目を開けたものの、僕が隣にいることを確認するとまた目を閉じた。

萌え度 ★★★★★
スポンサーサイト
├坂木司トラックバック(0)  コメント(0) 
2004'12.31.Fri

「スポットライトをぼくらに」あさのあつこ

スポットライトをぼくらに

せんせー!!!! せんせー!!!

もう、せんせーは狙っているに違いない。でもさ、これ、本当児童書だから。子どもたちが読む本だから。中学生ぐらいが!

普通に読み始めたはずなのに、読む返してしまったよ。さすがせんせーだ!

「たっちゃん、やっと学校出てきたのにね」
「うん」
「昨日、いっちゃんの顔見たから、出てくる気になったのかなあ」
「おれの? その気になるなら、美鈴の顔だろ」
「どうでしょうかねえ」


どうなのよ、美鈴ちゃん!!
びっくりしたとも。たっちゃん、いっちゃんのこと好きなの!美鈴ちゃんより好きなの!
そして美鈴ちゃんとたっちゃんの会話。

「だって、……あははは、おかしいよ。たっちゃん、やきもちやいてる……あは、やだ、もう、おかしいよぉ」
「やきもち? ふざけんなよ。おれが、何で」
「やきもち、ジェラシーでえす。たっちゃん、ナンシーさんにやいてんのよ……あははは、もう、ほんと、おもしろい人たちだ、きみたち二人は」
「美鈴、おまえなあ」


もう、たっちゃんは!!!!

わかった。わかったから。
たっちゃんがいっちゃんのこと大好きなのは。

それでいて、何気に美鈴ちゃんとたっちゃんがいっちゃんのこととりあっていたり。でも当の本人はナンシーさんに夢中で。そのもどかしい、というよりも自覚できない苛立ちが。みんな、仲良しだから気づきにくいんだけど、美鈴ちゃんはそこをしっかりと気がついていて。

空を見上げるシーンが好き。

萌え度 ★★★★
├あさのあつこトラックバック(0)  コメント(0) 
2004'12.26.Sun

「星の王子さま」サン・テグジュペリ

星の王子さま―オリジナル版

「たいせつなことはね、目に見えないんだよ……」

もう一度しっかり読みたくなって再読。
ぼっちゃんがすきなんだ。ぼっちゃん。

泣いてるぼっちゃんを一生懸命羊の口輪をつけるからと慰める姿が!抱きしめて揺らす姿が!そこはかとなく萌えを感じる。すいませ。フ女子で。

「ぼっちゃん、ぼっちゃん、ぼく、その笑い声をきくのがすきだ」

もう、こことか最高に好きだ。

それでもいろんなものを感じとれる。やっぱりいいね。好きだ。王子さま。いろんな星を回るのがキノっぽい。

最後の別れのシーンにも思わず涙。王子さまの言葉が痛いくらい伝わってきて……!王子さま!!

そいえば小さい頃、このアニメ見た気がする……。

大好き度 ★★★★
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
2004'12.23.Thu

「ダレン・シャン 8―真夜中の同志」ダレン・シャン

ダレン・シャン 8―真夜中の同志

「あんた、だれなんだ?」
 声がかすれる。ぼくは後退して、かべにせなかをおしつけた。
「わからないのか?」


きたーーーー!!

まってた。ずっときみを待ってた。絶対出てくると信じてた。

祝 ス テ ィ ー ブ 再 登 場 ! !

しかし、よろこんでいられない展開へ。こ、これ本当に児童書ですか??痛々しくて読んでられない。

そ、そして、スティーブ!!
この展開はありですか!
いや、そうなるんじゃないかとも思っていたけど、こうくるとは!その再会はすごく喜んだ。すごくうれしかったんだ。

懐かしい顔ぶれいっぱいでうれしいけど、冷静なまま読めないよダレン。
このどきどき過ぎる展開が(ガタフル

大好き度 ★★★
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
2004'12.23.Thu

「ダレン・シャン 外伝」ダレン・シャン

ダレンシャン 外伝

「ありがとうよ、リズ」
 ガブナーはぼそりとつぶやいて、トランクスをひっくりかえし、うらにもピンクのゾウがあるのに気づいて、顔をしかめた。


ダレンの外伝。そのほかのひとが主人公の。
スティーブに、アニーに、ハーキャットに、ガブナーに。シャンタクロース。
うん、ちょうどいい時期だったシャンタクロース。

ガブナーの話が好き。思わず泣いてしまったリズ。
リズの手紙読んでる時点でぐわっと。鼻の奥がツンと。
辛いし、切ないし、出会わなければとも思うけど、それでも出会えてよかったと、そんな気持ちでいっぱいに。

著者初めてみた……。
写真もおもしろかった。

大好き度 ★★★
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
2004'12.23.Thu

「アヒルと鴨のコインロッカー」伊坂幸太郎

アヒルと鴨のコインロッカー

「というわけでだ」彼はさらにつづけた。「一緒に本屋を襲わないか」


だ ま さ れ た ! !

この二年前と現在のつながりがまったく見えない中、一気に収束されいく快感。これぞ伊坂マジック。

しかし引きこもり探偵を読んだせいか、バスの痴漢のくだりはなんとなくいやな感じが。それが現実だとしても、苛々としてしまう。もっと頑張れよ少年。

河崎にもちょっと萌えが、た、足りず。きれいなのはいい。たらしなのもいい。それでいて、琴美ちゃんのこと助けようとしてるのもいい。颯爽と現れたときはきゅんとなったよ。

ドルジの最後のほうの言葉で、最初とつながったときの気持ちよさは忘れられない。

大好き度 ★★
├伊坂幸太郎トラックバック(0)  コメント(0) 
2004'12.19.Sun

「ダレン・シャンⅦ―黄昏のハンター―」ダレン・シャン

ダレン・シャン 7―黄昏のハンター

「ラーテンから傷の話聞いたかい、ダレン?」
 クレプスリーの左ほおに残っている長い傷あとをながめて、ぼくは首をふった。クレプスリーは、顔を真っ赤にしている。
「たのむ、レディー・エバンナ、どうかそれだけはかんべんしてくれ。あのころの我が輩は、しりの青い、たわけだったのだ」


いやー、ラーテンおいしいな。

あれから六年後、バンパニーズ大王を倒すためバンパイア・マウンテンを旅立ったダレン。彼はいったい何歳になるんだっけな?と思いつつ、今回はラーテンおいしいところどり。んまいぜ、ラーテン。

久しぶりに出てきたエブラにも胸をときめかせ、子持ちになってたがそれはそれで息子もかわいい。オヤジスキーと言うわけじゃないけど、初出番の強烈なキャラクター・バンチャ元帥。そして魔女っ子(違)・エバンナ。

もうちょっと若いいい男を!とひっそりと望んだことは秘密です。それなりに萌えも燃えもあるけど、最初の出だしだからか今ひとつもえが足りませぬ。どきどき感はあるよ。

世間では最終巻でにぎわってますが、もうちょっと到達しそうにない……。い、いや、それはそれで楽しいからいい。12巻感想までもうちょっとかかりそうだ。T図書館、お願いだから12巻いれてください。

萌え度 ★★
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
2004'12.18.Sat

「The MANZAI」あさのあつこ

The MANZAI

「なあ、ええやろ。瀬田、おれとつきおうてくれや」
 同姓のでかいクラスメートから、こんなふうに迫られるよりは、ぼかんと殴られて気絶したほうがずっとましだ。情けねぇ。まだ女の子と正式なデートさえしたことがないのに、なんでこんなやつに、交際、申し込まれなくちゃなんないんだ。
「瀬田、なぁ、なんとか言えよ。なっ、ええやろ、歩」


てんてーーー!!!!
いきなりの!
こ の 展 開 は 何 な ん で す か !

やってくれた!やられた!てんてー、大好きです!
大型犬×小動物のような、秋本と歩。
しっかりした歩が素敵なんだ。大型犬の秋本がかわいいんだ。へこんで耳をたれてる様子が目に見えるような。狙ってるかのように、いちゃいちゃと、ラブラブとするふたり。何よ、これ。かわいすぎる。しかも、最後にメグに宣戦布告される歩くん。蓮田くんも好きだ。蓮田くんと秋本のコンビも好きだ。秋本が好きだ。

本当ふたりが引っ付くたびに心臓が。先生、どうしたらいいんですか、このふたり。

みんながあまりにもお好み焼きをおいしそうに食べるものだから、つくってしまったお好み焼き。
わりと食べ物が出てくる話が好きです。

萌え度 ★★★★★
├あさのあつこトラックバック(0)  コメント(0) 
2004'12.14.Tue

「ダレン・シャンⅥ―バンパイアの運命―」ダレン・シャン

ダレン・シャン6―バンパイアの運命

でもとちゅうで涙があふれてきて、言葉にならない。そんなぼくをクレプスリーが胸もとにだきかかえ、なだめるようにさすりながら、思いきり泣かせてくれた。
「外に出るか、ダレン?」
「いや。ここにいる。ただ……つらいんだ」
「ああ、ああ、そうだろうとも」


児童書とは程遠いものになってきた。

気になって眠れないじゃないか!てことで続けてイッキ読み。
どうしよう。これ本当に子供向けの本なんだろうか。そんな内容になってきた六巻。

あああああ!(苦
カーダが切なくて、切なくて。彼は本当に運の悪い人だと思う。そう思うと何が正しくて、何が間違っているのか、ダレンにはどうあってほしいのかが見えてこなくなった。胸が締めつけられる。

そして例のシーン。ダレンを守ろうとするラーテンが切なくて、愛しくて、ただただ涙。ハーキャットも頑張ってたよ。ラーテンはエラのこともあるんだろうけど、それでもダレンを守ろうとする姿に涙涙。しかもシーバーが本当お父さんみたいで。そのシーンが一番好きです。一番萌えt

いったいどうなってしまうんだろう、ダレンよ。いきなりそこにいってしまうのかダレン。言葉遣いも大人になってきたというか、ちょっと乱暴になってきたけど、それもいいだろう。例の人がいった言葉を心にとどめておいてほしい。どうか、既存の枠にとらわれないようにあってほしい。

憔悴したラーテンにも不謹慎にも激しく萌えてしまた……。

萌え度 ★★★★
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
2004'12.14.Tue

「ダレン・シャンⅤ―バンパイアの試練―」ダレン・シャン

ダレン・シャン5―バンパイアの試練

「うむ、わかった」
 かすれた声で答えて、あくしゅしようと手をさしのべてきた。その手をはらいのけて、ぼくはしっかりとだきついた。
「あんたの手下になれたことを、ほこりに思うよ」


前半はダレンが試練を乗り越えるたびにどきどきはらはらだったけど、後半がすごかった。試練を乗り越えるかと思ったら……!

でもこの会話はすごく好き。ラーテン、本当ダレンのこと思ってるんだなと実感した。そんなこんなでわりとラーテンの出番がなかったり。その代わりほかのバンパイアたちが出てて、キャラも増えたと思った矢先。すごいことが起こった。先入観なしで読んでるわけだから。

以下ネタばれ注意報。
ガブナー!ガブナー!!
ガブナーが!!(泣
いやも、ほんとショックで。びっくりで。ダレンが失敗して、カーダが頑張ってくれて、逃してくれたから、てっきりこのまま逃げるのかと思ったらこの裏切り展開。びっくりだ。ほんと期待を裏切ってくれる。
カーダ、ダレンのことすごい好きなんだなって思ってたら、最後になってガブナーを助けにいってしまった。ひー!や、やばいこのふたり!と期待いっぱいだったわけだけど、その瞬間ダレンは見てしまった。ふたりの抱き合う姿を……じゃなくて、例のシーンを。

ぎゃーーー!!なんてこった!

こんな展開が待ってるなんて!切ないよ!切ない!そして気になる五巻の終わりへと。こんなの気になって仕方がないじゃないか!


さっぱりネタばれなしにかけない展開へ。

萌え度 ★★★
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
2004'12.13.Mon

「これは王国のかぎ」荻原規子

これは王国のかぎ

「おれについてこなきゃだめだ。あんたはおれの幸運だろう」

ゆりかごの主人公の彼女。
青春アドベンチャーで何度か聞いたけど、原作を読むのは初めて。
で、やっぱりファンタジー好きだなと。

もっとハールーンと一緒に旅をするんだと思ってた。ハールーンすごい男の子だ。強引なところもかっこよさにかえてしまう男の子。そして思ってたとおりいいとこどり。さすがだ。

一方ラシードもいい子だなと思っていたら……。

ネタばれ注意報。

す っ ご い 美 女 じ ゃ な い か !

ハールーン、どうかこの子もさらってくれ!
女装はそうでもないんだけど、女体化は苦手なんだけど、なんかもうすごい可憐なくせに、男の子で、こっちまでどきどきしちゃったよ!ハー×ラシて萌えないか!ラシードは男バージョンで!
でもさ、やっぱりラシードはミリアムにほれてて、ミリアムもラシードにべたぼれで、ミリアムもいい子なんだこれが!このふたりは離れられないな!


最後のあれはそんなに驚かなかったけど、あれはなくてもあってもそれだけで十分おもしろいと思う。久しぶりにわくわくした。


大好き度 ★★★
├荻原規子トラックバック(0)  コメント(0) 
2004'12.12.Sun

「仔羊の巣」坂木司

仔羊の巣

「坂木、坂木、なにがかなしかった? やっぱりこんないじわるなやつといっしょにいないほうがよかったな。おれ、坂木をかなしませたく、ないんだ」

最初からやってくれた!グッジョブトリイ!

読む前からハアハアなってしまう坂木氏。
最初から飛ばしてくれる。も、と、と、鳥井かわいすぎる。こう、坂木を見上げる感じが好きだ。も、この子のかわゆさはた、たまんない。食べちゃいたい。せきしてるとことか、びわ食べてるとことか。本当お母さんみたいだ坂木!

本当読み終わった瞬間はお腹いっぱいだったとも!心がぽかぽかとあたたかくて、じーんと。みんな、本当いいやつばかりじゃないか!(涙
何度か涙で文章が読めなくなることもありながら、周りの人もあたたかくて、栄三郎やおばあちゃんの言葉が痛いぐらいにガツンと、それこそ栄三郎のげんこつのように響いて、あとはもう涙涙。

進路の話もすごく胸打たれるものがあって、矢崎だけじゃなくて、自分にとっても納得。頭でわかっていても、なかなか信じられずにいたことがそう素直に言われると頷いてしまう。すごいなー坂木氏。かわいいなー利明くん(萌

巣田さんの言葉から。
「ほら、明日香ちゃんの力を生かせる職場、たくさんありそうじゃない? 進路なんて、いくらでもあるわ。できないことなんて、きっとない。時間がかかるかかからないか、それだけの差でしかないのよ」

もいっこ。坂木の言葉。
「将来」というものは、大学と社会以外にもあるものだと、教えてあげたい。

利明くんの話も矢崎さんも話もすごく、佐久間さんも(!)好きなわけですが、所々で待ち構えている坂木鳥井のトラップ。強気な態度をとっていた鳥井がいきなり坂木の涙見て、だらだらと泣き出したり、ワイン瓶持ち出して懲らしめようとするものだから、し、しんじゃう。しにそうだ。
そのうえ、見え隠れする坂木の独占欲。坂木から旅立とうとする鳥井。でもそのあとのおちのような、無邪気に坂木のためと言い張る鳥井(激萌
どうしよう。絶対最終巻は平常心で読めないよこれは。鳥井よりも自分で動こうとする鳥井を見ている坂木のほうがすっごいつらいよ!坂木いい人なのに、鳥井が絡むと人が変わってしまうから。もうそれがどうしようもなく、たまらなく。

最高に牡蠣が食べたくなりました。鳥井の料理が食べたい。お茶画が飲みたい。お菓子はもっていくから、わが県の銘菓でももっていくから!

ついでに風邪で寝込む鳥井にしす。びわとか牡蠣とか本当おいしそうに食べるんだこの子。お粥じゃなく、トースト紅茶に浸して食べてるとこもかわいくて。食べてしまいたい。
クリスマスプレゼント交換してるところなんか、もう、こっちが恥ずかしくて本を何度投げ出そうかと思ったよ。

それにしてもこの作家誰なんだろう。名前がアナグラムにでもなってるんだろうかと考えてみたけど、さっぱりわからず。いったい誰ですか!

萌え度 ★★★★
├坂木司トラックバック(0)  コメント(0) 
2004'12.12.Sun

「ダレン・シャンⅣ―バンパイア・マウンテン」ダレン・シャン

ダレン・シャン4―バンパイア・マウンテン

「バンパイアの神々よ、どうか正直な子どもに愛の手を! たしかに、きみの言うとおりだ。おれの力こぶは、どう見ても大きくない。でも、ほかの元帥たちの力こぶは、ボウリングのボールぐらいある。元帥はむかしから、大がらで、強くて、ゆうかんなバンパイアがつとめてきた。だからおれは、ここで選ばれた初の元帥ということになる」
 と、軽く頭をたたく。
「脳みそで選ばれた、元帥だ」


ダーレン・シャンくん、バンパイア総会へ行く。
そして頭脳派きらきら金髪王子さま登場!

4~6までひとつの話になっているらしく、ちょっとじれじれ。
いっぱいバンパイアでてきたよ!ラーテンの師匠さまもでてきたよ!今回もラーテンがか、かわいい!師匠との絡みもすっごい捨てがたい!照れるところとか、ラーテンにもそんな時代があったんだなとか。
ガブナーともラーテンが、ラーテンが。普通に喋ってて、か、かわい。いや、まー、一番はダレンとじゃれてるときなんだけど。このふたりの間にガブナーや師匠が入って、ラーテンをからかってたりすると……!

そして金髪頭脳派カーダ。ちょっとへたれっぽいところも素敵だ。もっとこう、ラーテンにからんでほし。ダレンとも仲良くって、和むというか、並んでたらかわいいんだろうなて。

それにしても六年もたったせいか、強くなったシャンくん。どんどん強くなってくよ、この子。

ついでにダレンがほかのバンパイアと仲良くなるのに、こう、やきもきしてるラーテンが。自慢したい気持ちと、やきもきな感じが。

萌え度 ★★★
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
2004'12.12.Sun

「恋におちた人魚」アリス・ホフマン

恋におちた人魚

読もうと思ったんじゃなくて、妹がかりてたのをぱらぱらやってたらすぐに読めてしまった翻訳もの。文字がおっきくて読みやすい。

女の子、ふたりの今夏で閉鎖するビーチ・クラブで出来事。久しぶりにノーマルな恋愛ものなんて読んでみた。自分の恋愛じゃなくて、人魚の。

レイモンドのきらきら感が忘れられそうにないくらい、いい男。
び、美形!ハアハア。みたいに、遠くで眺めてみたい!読書中のレイモンドなんてすっごいきれーなんだろうな。むらむらするよ。人魚じゃなくても。変態チックですいまs。

ラストはあれでいいんですか!と思わずにはいられないけど、いやー、レイモンドくんがそれで幸せなら俺はいいと思うよ。うん。例えその後大変な人生が待ち受けていようとも。

大好き度 ★★
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
2004'12.10.Fri

「ダレン・シャンⅢ―バンパイア・クリスマス」ダレン・シャン

ダレン・シャン3―バンパイア・クリスマス

大人の階段上るきみはまだー。
ダーレン・シャンくんに恋人現る!

しかしそれよりもラーテン!!

ラ ー テ ン 、 か わ い い ! !

びっくりするぐらいクレプスリーが、ダレンに内緒にしようとするやさしさが、思いやりが!ラーテン素敵だ!最初からどきどきで(違う意味で)、ひやひやはらはらしてたけど、でもラーテン!

ダレン視点なんで、ラーテンの考えが読めないんだけど、ちらりちらりみえるラーテンの心遣いにどきどきした。

ラーテン、ほんとダレンのこと好きだな!

それでいて、ダレンは恋人にどきどきなってて、すれ違ってるのかなって思ったら、やったくれたあのふたり。ひー。は、恥ずかしい!最後の最後でどう仕掛けてくるのか、どきどき。ふたりのラブさのどきどき。
何か仕掛けがあるのかはわかってたからわりと安心して読んでたけど、エラブに関しては胸がぎゅっと。ダレン、あれでいいの!せっかくの友達なのに!

とにかくラーテン、ラーテン!バンパイア将軍も好きだ。
ふたりの関係も気になるところ。

萌え度 ★★★
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
2004'12.10.Fri

「山ん中の獅見朋成雄」舞城王太郎

山ん中の獅見朋成雄

さっぱりわかんないな舞城。
それでもまいっかな勢いで読んでしまう舞城。

せんちきのパロらしい。本人が言っていたわけじゃないけど。

舞城がわからないのか、純文学が俺にとって鬼門なのか、それでも読んでしまう舞城。読みやすいんだ。嫌いじゃないんだ。この文圧でもさらりと読めてしまうんだ舞城。

これはやっぱりわからないままで、おもしろさもこたえも求めるべきじゃないんだろう。と思いつつも、舞城擬音うまいなーと。僕の強さにびっくりしながら、でもこの子まっすぐだと感じた。悪くない。公案だろうが、純文学だろうが、とにかく舞城。

またさっぱりわかんねえなと思いつつ読んでしまうんだろうな舞城。

わかんない度 ★★★★
├舞城王太郎トラックバック(0)  コメント(0) 
2004'12.07.Tue

「ぼくらの心霊スポット 2、3」あさのあつこ

首つりツリーのなぞ―ぼくらの心霊スポット 真夏の悪夢―ぼくらの心霊スポット

あああああさのてんてー!!

こ、ここここれは豪ちゃんとサワとヒガシの原型ですか!

そう思わずにはいられないぐらい酷似してる三人組。うわー。すごい。小学生の三人を見ているようだ。マッキーが医者の息子になってるけど、牧田医院は、永倉医院ですか!マッキーかっこいい!ヒロもかわいい!いやん、もー、この三人はまさにちっちゃい豪ちゃんとサワとヒガシ!は、早く!タクちゃん早く!(違
真夏のほうはラストの展開にこうくるか!と。

本当みんなかわいいから!絶対新田東の三人組だ。

大好き度 ★★★
├あさのあつこトラックバック(0)  コメント(0) 
2004'12.07.Tue

私的雑記1「私的読書日記と私」

今更な気もしつつ、ご挨拶とか。

もともとこのタイトルは昔やってたメルマガからタイトルから。そのときはほとんどBLをとりあげてたけど。
とにかく本が好き。大好き。

そんなわけでみなさまの、これすげー萌えるぜ?なんて本がありましたら、ぜひ教えてくださいませ!
本友達もいない寂しい子なので募集中です。
雑記トラックバック(0)  コメント(0) 
2004'12.07.Tue

「樹上のゆりかご」荻原規子

樹上のゆりかご

一度はこんな風に学祭や合唱コンクールに熱中してみたい。そんな風に感じされる学園もの。学園ものに漂う雰囲気が好き。サメロの解釈がおもしろかた。ほも萌えもないけど、さっぱりあっさりと。カトケンはちょっともったいない気もする。

鍵の主人公が同じ?らしい。

大好き度 ★★★
├荻原規子トラックバック(0)  コメント(0) 
2004'12.05.Sun

「凶笑面 蓮丈那智フィールドファイルⅠ」北森鴻

凶笑面―蓮丈那智フィールドファイル〈1〉

「女王さまと下僕」みたいな蓮丈那智先生と内藤くん。
民俗学とミステリがほどよい感じでじっくりあっさりとした感じ。これぞ北森氏だ!と思う。

がしかし、これ読んではっきりと思った。
理系でよかった。
ディベートとか論議とか、すっごい苦手なわけで。しかもこうはっきりとしないのはそれも一種の魅力かもしれないけど、それを永遠と先生と話すのは、い、いやすぎる。それで結論がなかなかでてこないってどうよ?

カナリヤと狐さんがでてきたのはうれしかったけど、ななななにがあったんだよ冬狐堂さん!気になる!

それにしてもフィールドワークといえば、かの犯罪学者を思い浮かべてしまうのはミステリスキーというよりも腐女子だからです。

大好き度 ★★★
├北森鴻トラックバック(0)  コメント(0) 
2004'12.04.Sat

「可愛気。」鹿野しうこ

可愛気。

BLはそんなに取り上げようと思わないんだけど。すごく気に入った台詞が。

「犬みてーな奴だな」
「…犬でいーよ」
「へ?」
「犬にして下さい」


この殺し文句にやられた。

えー漫画です。これ。前作も好きです。いつのまにかカバー紙変わってるぴあす。へたれ年下攻めも好きですが、へたれ年上攻めも好きです。つまりなんてことはないへたれが好きです。

萌え度 ★★★
コミックストラックバック(0)  コメント(0) 
2004'12.04.Sat

「ダレン・シャンⅡ ―若きバンパイア―」Darren Shan

ダレン・シャン2―若きバンパイア

「なんだ?」
 と、急に声をかけられて、ぼくは飛び上がった。
「なんでもかまわん、言ってみろ」
「えっ、どうしてわかったの?」


そ ん な 会 話 が 大 好 き で す ! !

弟が先に読んだので聞いてみた。
「スティーブ出てくる!?」
「全然」
というわけで新しく友達のできたダレン。スティーブとはちょっと毛色が違う、かわいいいい子系の友達。登場人物が増えていくのは楽しい。まー、しかしそれ以上に萌えなのが、クレプスリー!!!!

一巻では敵愾心を燃やしていたダレンだけど、ちょ、ちょっと!これ!このクレプスリーかわいすぎるから。どどどどどしよ。クレプスリー!!そしてダレンも少しずつ彼に気を許し始める。

が、本当びっくりした。クレプスリーが血を飲ませようとしたとこ。すっごいやさしいじゃないか!いい奴じゃないか!最初こんないい奴だとは思ってなかったけど、クレプスリーもダレンに対して愛情を抱き始めたというのか。と、とととにかく萌えた。ダレンはクレプスリーをまだ許せないんだけど、でもクレプスリーのやさしさはちゃんとわかっていて、こう自尊心が。反発をしてしまうのが、なんとも激しく萌えだった。

最後のほうでクレプスリーが助けにきたとことか、本当どうしようかと思った。

し ぬ か と お も い ま し た よ 。

何この児童書。世の中こんな児童書ばかりでいいのか。
あとがきに三巻で、ふたりの仲がよりいっそう深まるとかなんとか。ころされるかもしれない。

萌え度 ★★★★
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
2004'12.03.Fri

「ドラゴンリバイブ 1~2」井田ヒロト

ドラゴンリバイブ

ガンガン連載作。アクション多め?
わりとおもしろかった。が、二巻で打ち切りらしい。

じいちゃんが間違って、ミナイちゃんいるのにお風呂の戸あけたシーン。「……その背中……!!」じゃなくて、むしろ「……その胸……!!」と。あまりのぺったんこさに、こいつ実は男じゃない!?と疑ってしまった。いや、それいいよ。オミズみたいな、性格で。みためが。わけあって、女のかっこうしてるとかちょっと萌えるじゃないか。
でも何って、二巻が。二巻がよかった。エイチ最高!エイチ好きだ!お兄ちゃん好きだ!エイチ、エイチ!(エイチコール

ネタばれ注意報。

そうだ!お兄ちゃん生き返してくれよ!!

確かに一巻はありきたりな感じもするけど、もったいない。エイチいいじゃないか!おもしろいじゃないか!

あ の 兄 弟 最 高 に 萌 え た 。

お兄ちゃんももったいない(泣

大好き度 ★★★
コミックストラックバック(0)  コメント(0) 
2004'12.01.Wed

「月魚」三浦しをん

月魚
 嬉しそうに笑う真志喜の髪の毛を瀬名垣は指先で整えてやった。真志喜が眉をしかめる。
「ところかまわず私の髪の毛に触るのはやめろ。だれかに見られたら変に思われる」
「好きなんだよ」
 と瀬名垣は笑った。「この猫の毛みたいな感触が」


なななななんだこのふたりは!!ちょ、ちょっと!も、萌えるよこれ!このふたり絶対できてる!確信した。漂ってる雰囲気が違うんだもの!

かつくらで特集やってたので読んだ三浦氏。かつくらコワイ。コワイよ。

「真志喜に甘い」とか髪の毛触り放題とか!縁を重ねた二組のふとんとか!「熱いぐらいでしたよ」て何やってたんだよこのふたり。できてる。絶対やってる。そう疑わずにはいられないくらい妖しいふたり。
でもなんというか、真志喜がかわいい。最後のほうの照れる真志喜がたまらなくかわいい。そして対照的な瀬名垣。タバコ吸ってるシーンとか、真志喜の髪つついてるシーンとか!(悶々
何このふたり!はっきり言ってしまいなよ。できてるって!

大好き度 ★★★★
├三浦しをんトラックバック(0)  コメント(0) 
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。