--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2007'08.05.Sun

「銀河の荒鷲シーフォート 大いなる旅立ち」デイヴィッド・ファインタック

  


宇宙軍軍艦〈ハイバーニア〉は殖民惑星ホープネーションを目指して旅をしていた。しかし二度の不慮の事故で、艦長、宙尉らを失い、先任士官候補生であるシーフォートが指揮をとることになってしまった。先任順位とはいえ、シーフォートは十七歳の士官候補生にしかすぎなかったが、法規に従うしか道は残されていなかった。

海外SF。
近未来宇宙での出来事とはいえ、軍艦であり、船客水兵以外は宇宙軍であり、厳しい軍の規律が生きている。SFというよりも軍事ものを読んでいる気分になりましたが、十七歳のシーフォートは危なっかしいところもあるけど、どんどん船長として成長していって頼もしくなっていき、事件も休む暇なく襲ってきて、あっという間に読んでしまいました。艦長としての孤独を抱えながらも威厳を保っているシーフォートはブリタニアの某少年と重なる部分が大きかったです。

艦長となる前、宙尉のハーヴェイとチェスを楽しんだり〈ここもかぶるw〉して、ニックと呼ばれていたシーフォートがかわいかったり、士官候補生がわいわいやっているのもかわいかったです。先任のくせにほかの人よりも計算が遅かったり間違いが多かったり。ときどきへたれなところを見せてくれて、ときめいてしまいます。この艦長で大丈夫なのかとも思いますが。事件が起こるたびに失敗しつつも学び、精一杯自分の責任、役目を果たそうとするシーフォートがかっこよくて、少しずつ信頼もされるようになり、でもシーフォートは目指すものが大きくて、いつも後悔ばかり。その後悔も、人を失うこともあり、傷つけることもあるのでわかるわけですが。

後編感想。日記から(…)。
熱かった!最後のほうで案の定ボロ泣きしてしまって、機関長とニックの会話がすごくよくて、あの二人好きです。もっというとあの二人の空気というか、艦長と機関長という間柄がすきなのかもしれない。艦長命令を背いたヴァクスのシーンもよかったです。そのあと機関長によって、命に代えても彼はニックを守りたかったんだと聞いて、そういう意味で彼はニックを助けたんだと思いました。艦長命令は絶対なので背いたら絞首刑となる。彼は愛してるんだよとその言葉に、昔はあんなに仲悪かったのに信頼するほどに、命をかけるほどになったんだなと思いました。でもその気持ちに全く気づいていない鈍すぎる艦長(…)。軍医も機関長も仕官も船客も水兵もみんな艦長のこと信頼して、感謝してるのに、ひとり悪いほうへ考えて落ち込むニックがかわいかったです。ちゃんと彼は軍人としての責任をしっかりともってるからだと思いますが。あの年齢で、自分の気持ちや周りからの重圧に押しつぶされそうになりながらもしっかりとやってきてるのはすごいと思います。頑張れニック!山に行ったときのデレクがちょっとかわいそうでした(笑)彼も最初はああなるとは思ってなかったんだろうと思います。最後の最後までヴァクスにはやられ放題で、ニックのことが大好きな彼がすごくかわいくて好きです。やっぱり主従は基本。

〈ダーラ〉とニックの会話も好き ★★★★
スポンサーサイト
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
2006'04.10.Mon

「ローワンと白い魔物」エミリー・ロッダ

ローワンと白い魔物

今度は雪山へ。
リンの村の人たちが毎度大変な目に。にしてもアランてば、いつのまに結婚を!!しかもこどもだと!!
わりとあっさりしてた。

・ジールかっこいい。
・ノリスがへたれ。
・アイスクリーパー怖い!
・バクシャーをそう使うか!

いろんな旅や危険なめにあってきたけど、ローワンは昔とほとんど変わらない普通、むしろリンの村では劣った子なのに、怖がったり奉ったりする人たちが出てきて、そうゆう風にみえるんだと思うとちょっぴり切なくなりました。でも親しい人たちは等身大のローワンをみてるんだけどね!

でもまだまだ続くらしいね! ★★★
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
2006'04.04.Tue

「ローワンとゼバックの黒い影」エミリー・ロッダ

ローワンとゼバックの黒い影

「眠っていいよ、アナド」ローワンは言った。「目をさますころには、そばにいてあげるからね」
 アナドは眠たそうに、うなずいた。
「そして、あたしを家までつれてってくれるんだよね」


何ていうか、今までで一番よかった…!

さらわれた妹を助けるためにアランと一緒にゼバックへ!
何ですが、今までの人物が使い捨てじゃなくて、逆に助けてもらってるという!パーレンとジールとアラン、そしてローワンという半端ものの四人が何度も危険な目にあいながらも妹のためにゼバックへ乗り込む。

いがみ合いもしてたのに、それぞれの役割を果たすことによって、四人の絆が深くなっていって、軽口まで言うようになったかと思うとうれしくて!ジールの使い方もうまい!前作の伏線をここまで引っ張ったのか!というぐらいで!

でもま、一番はパーレンがすごくかわいかったんですが!!
しっぽ云々とかへび発言とか、すごくかわいい!みんな本気にしちゃうし!

シャーランはローワンの恋人になるのかなー。お母さんも結婚したしね!まだ友達でもいいけど、いずれそうなりそうな。

ローワン、すごくいいので布教!!
もっと有名になればいいと思う!!

ウノスかわいー!! ★★★★
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
2006'04.02.Sun

「ダレン・シャン 12巻 運命の息子」ダレン・シャン

ダレン・シャン 12巻 運命の息子

どれだけ会いたかったか、クレプスリーがどれだけたいせつな存在だったか、伝えたい。大好きだよ、ぼくにとってあんたは父親なんだ、と話しかけたい。

最終巻。
11巻の終わりの衝撃を引きずったまま読み始めた12巻。
ずっと痛い、辛い。この巻もまた人が…。

が、11巻を凌ぐ衝撃の事実!

最初の巻からの話がようやくまとまった。一巻の謎が解けたというか。長かったなー。スティーブが本当報われないんですが。
なんというか、九巻以来萌えもなく、ぐろさはあった、淡々と読んできたような。

後半のアレはおまけのような。
でもあれがあってこそ、一巻がいきてくるんだね!

ずっと気になってた。未来には、運命には逆らえないという言葉。エバンナもミスター・タイニーも何度も言った。ダレンもその枠の中でなんとかしようともがいていた。ずっと引っかかっていた。この話の中ではずっとそうなのかと思っていたけど…。

まあ、結局、一年ほど前にバイト先で生徒が話しているのを聞いて、うっかりねたばれだったんですがね!

そこまでのなぜそうなったのか、というのは知らなかったんですが。もう、ばか!なんでとめなかったんだよ!

この現実とストーリーが交錯するのはいいなと思った。

とうとうダレンも読み終わってしまった…。クレプスリーを見たときのダレンが切ない…泣きそう…。

そういえば、ハーキャットは?? ★★★
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
2006'04.01.Sat

「ダレン・シャン 11 闇の帝王」ダレン・シャン

ダレン・シャン 11  闇の帝王

「ここに来るってミスター・トールに言われてから、家族のことをずっと考えてた。しゃあぼくだって、会いに行きたいさ。会えたら、どれだけうれしいか……。でも、家族にはつらいだけだろ。ぼくを埋葬してから、だいぶたつ。悲しむだけ、悲しんだはずだ。きっといまは、前向きに生きてくれてるさ。なのに、また苦しめたり悲しませたりするようなまねは、しちゃいけないんだ」

そ、そんな驚愕の事実が!!

九巻から辛かったけど、これもきつっ。

人がばたばたとしんでいk

ようやく純化作用まで始まって、大丈夫なのかよと思ってしまいます。もう、本当次々と…(泣
痛い話は読んでて辛いんですが、もう少し。もう、終わりが見えてきてるから!自分の生まれた町に戻るてのも切ないなー。

でも次巻への序章みたいな感じだった。

前作あたりから話し方も変わって、ダレンも大人になったなーと思う。切り捨てることやあきらめることを覚えた…。せ、切ない。
アニーに子どもができているのも驚きですが、なんか本当すごいことに。わりと明るい児童書が多いのに、けっこう児童書なのに…。スティーブ、鬼だ…!

次が最後…! ★★★
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
2006'03.29.Wed

「ダレン・シャン 10 精霊の湖」ダレン・シャン

ダレン・シャン 10 精霊の湖

「ふん、どうだ、まいったか」
「おまえが女だったら……キスするところだ!」


とあったけど、わりと普通に読んだ…。うん、普通にハーキャットとダレンの仲がいい。

九巻の悲劇からテンション下がって、ずっと読んでなかったけど、思いきって最終巻までかりました。

とうとうハーキャットの正体が!!
ハーキャットの真実を知るための旅へ編。

なんとなく予想はついていたものの、時間の流れでいったらそれはないだろうと思っていたのだが、そんな反則技を…!禁じ手なんか関係ないわけね!と妙に納得しました。

どきどきはらはらの連続で、ちょっと痛い。切られたり、殺されそうになったり。グロテスクな~は本当に気持ち悪い…。あの生き物…。どうなってんだよ。
誰がどう味方なのかわかんないのが余計に怖い。

歯がミステリの常套手段なのはわかった!誰かまではわからなかったけど;

懐かしすぎて、え?誰?この人?とかいうこともあったけど、なんとなく思いだしてきました…。

かえるが怖いよ。

懐かしい人…わりと好きだった人… ★★★
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
2006'03.25.Sat

「ローワンと伝説の水晶」エミリー・ロッダ

ローワンと伝説の水晶

「リンの選任役にごあいさつを申しあげます。マリスの民の運命は、あなたの手にかかっています」

今までのローワンの中で一番どきどきした!

ローワンの成長も見ものだけど、ずっと漂う緊張感がたまらない!今までは何度も危険や苦しさがあったけど、ともにいたのは信用できる友やおじさんやおばさんだった。それがまわりは誰が敵なのか、全くわからない状態で、誰も信用できないのに、一緒に危険を冒さなければいけない。襲ってくる危険も一緒にいる仲間も同じ危険で、あの弱虫ローワンがそれを選んだのがえらいと思う!成長した!
かつてのローワンなら母の足元でぐずぐずと泣いて、現状を悲観するだけだったんじゃないかと思う。たくましくなった!強くなった!でもそれだけじゃなくて、弱虫ローワンもいなくなったわけじゃなくて、凹みそうになるときもある。でも大好きな人のため頑張る。ほかのことが二の次なのがローワンぽくていい。多分この子はマリスのためには頑張れないと思う。だけどそれでいい。

誰が犯人なのかは、一緒にいる人達がとても悪い人に見えないから、うすうすと感じとれてしまうけど、最後の誰を選ぶかってときがすごいどきどきした。まわりからは攻められ、時間もなくなった緊迫感がどきどき。自分の信じたことを信じ切れず、疑ってしまったり。どうなるかと思ったよ。水晶はすさまじかった!

詞もロマンチック! ★★★
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
2006'03.20.Mon

「ローワンと黄金の谷」エミリー・ロッダ

ローワンと黄金の谷の謎

「きみのほうがまちがってるんだよ、ジール。黄金の谷は、ただの伝説じゃないんだ。ぼくたち、見つけたんだよ」

一巻とは違って、ちょっと落ち着いた雰囲気の二巻。

一巻からの話も少し続いていて、あの山からとってきたヤマイチゴを旅の人にとられないように必死でリンの村の人達が隠そうとするんだけど、本当イチゴぐらいいいじゃない!とも思うわけで。旅の人たちも悪い人には見えなくて、疑心暗鬼。


「どうしてもオグデンと話がしたんだ、ジール。話をさせてもらう権利は、ぼくにもあるはずだ。<旅の人>の血において。父の名において。それに、昔からの取り決めにおいて」

この、アランが旅の人たちの笛を出してきて、先駆けに言う姿がものすっごくかっこいい!アランじゃないみたい!前回に比べ冒険が少なく、動きも小さいけど、危険な冒険もちゃんと!

何か冒険というより、あれだな、疑りあって、人間のやな面が出てる…;

なぜローワンだけ眠らなかったのか。
なぜムヨウギクがたくさん生えているのか。
黄金の谷は本当にあるのか。
なぜ見つからなかったのか。
最後にいろんな謎がつながって、ずばっと解けて、さながらミステリ。こうゆう小さな謎もいいね!最初からの伏線の活かし方がうまい!

凧、凧、あがれー ★★★
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
2005'09.10.Sat

「ローワンと魔法の地図」エミリー・ロッダ

ローワンと魔法の地図  リンの谷のローワン〈1〉

泣き虫ローワン!弱虫ローワン!へたれローワン!

ずいぶん前に読んだのですが、書くのを逃してました。翻訳ものの児童書。

主人公が弱虫、泣き虫、へたれっこ!
それいて、一番強かったりして。か、かわいい。
村のみんなにも弱虫だと見下され、自分も思っていたりして、でもスターを思う気持ちは誰にも負けなくて、大事なもののためにがんばる姿がかわいくてかわいくて。

話も読みやすい。
なんだか心癒される話。

へたれローワン! ★★★
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
2005'07.28.Thu

「宝島」スティーヴンスン

宝島

死人の箱には十五人
ラム酒をひとびん、ヨーホーホー


名作ものー。
急に児童書読みたくなって。飛ぶ教室は読んだけど、あれは最高に萌えたね、他にもいっぱいあるー。K文教材のすいせん図書にもなってて、気になってました。クラバートや十五少年漂流記とかもいつかは読みたい。

なんで古典ものなのに、こんなにおもしろいんだろう!もうね、先生かっこよすぎる。ほれるよ?少年ジムもかわいくて、やることが子どもっぽいんだけど、でもしっかりした子で、大変な状況だったりするのに、そんなことも忘れて少年らしく目の前のことに興味津々だったり。

ミステリの古典ものもいつかは全部読みたい。途中で挫折してる場合じゃないよ。夏までに、むしろシティまでにミラを読み終わりたいのだが……。

それにしてもジキルハイド書いた人なんだ!知らなかった!

ホーキンズ船長! ★★★★
翻訳トラックバック(0)  コメント(0) 
 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。