--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'06.26.Sun

「彩雲国物語―想いは遙かなる茶都へ」「彩雲国物語 ―漆黒の月の宴」雪乃紗衣

想いは遙かなる茶都へ―彩雲国物語 彩雲国物語 漆黒の月の宴

おおおお。さ、ささ朔旬!!

一巻読みきりだけど、これは合わせて。話も続きみたいな感じで。例によって例のごとくイッキ読み。茶州への旅立ちー。王都組がほとんどでてこなくて、寂しいけど、それはそれ、大人としてガマンします。ガ・マ・ン……。

それにしてもまた強烈な人でてきた!おおお。ほかの人たちがこの人のせいでかすんでしまう。あまり目立ってないけど眼鏡の人が好きです。

知らない間に物語が進んでいくような、秀麗あまり動いていないような。まわりが動いてるからね……。香鈴&影月も初々しくてかわいかった。そしてしても王様、またしても青蘭に。

龍蓮もすごかった。番外編が楽しみー。

若様! ★★★★
スポンサーサイト
├雪乃紗衣トラックバック(0)  コメント(2) 
2005'06.17.Fri

「彩雲国物語 花は紫宮に咲く」雪乃紗衣

彩雲国物語―花は紫宮に咲く

二巻でおもしろいじゃないか!と思ったとはかいたけど、三巻にて、「やばい。はまりそうだ」と。

だって、も、こ、この武官と文官が……!(悶死

初の女性官吏となった秀麗の話。他のにもまー、また濃いキャラが!最年少で及第した影月に、絳攸ラブの珀明。黎深もそろそろ本性を現し、遠く紅家からやってきた玖琅。腹黒じいちゃんズも健在。

秀麗と影月がいじめられ放題な話なんだけど、まわりが怖い強い。みんなわかってるから、手助けはしない。秀麗もそれがわかっていて、自分で前へ進もうとする。さすが。本当いい子だ。もちろん王様は今回もへたれです。このふたりはふたりで、甘酸っぱくてどきどきしてしまうんだけど。

もう、本当絳攸か、かわいい(*´д`*)ハァハァ
秀麗を力づけたり、怒ったり、黎深のことで悩んだり、とにかく絳攸か、かわいい!本当かわいいなー。
そこに楸瑛が絡むとなおさら……!と、ととと、というか、今回このふたりの会話やばいよ!すごいよ!すごすぎるよ!!!豆レーベルなのに!!おかしいぐらいにら、らぶらぶで!!ひえー。も、はあはあしすぎで、こ、呼吸困難に何度陥ったことか!こ、ここここまで仲良すぎるとは思わなかった!

静蘭もとうとう……!

本当たのしかった。表紙の絳攸もかっこいいなー。

とりあえず楸瑛×絳攸で!!! ★★★★★
├雪乃紗衣トラックバック(0)  コメント(0) 
2005'06.16.Thu

「彩雲国物語 黄金の約束」雪乃紗衣

彩雲国物語―黄金の約束

「なんだよ、これ二巻からがおもしろいじゃないか!」

と思いました。
作家は二作目で力量が……というのは本当だと思う。最初読んだから、すっごいわくわくしてきた。いろんなキャラが動き出した感じで。一作目はみんな堅くて、動かされてるという感じだったのが、今回それそれ動いてるという感じで。とにかく読み始めたら、お、おもしろーとすごいわくわくしてしまった。そんな二巻。

キャラもいいね。みんなの魅力が生きてきた。秀麗はちょっとおとなしくなった気もしないでもないが、いい子は健在。モテモテー。静蘭も燕青が絡むと……。相変わらず、それ以上に王様はどうしようもないへたれだし、父さんもじいちゃんたちもいいところもっていくといったら!

それよりも気になる例の文官武官コンビ。このふたりの会話だけでもドキドキ、ハアハアします。か、かわいいー。めくるめく妄想いっぱいです(*´д`*)ハァハァ

伏線がいきてくるのが快感。まだ文の気になるところやわかりにくいところもあるけど、違和感がなくなってる……!一冊のなかじゃなくて、次の話への伏線もいい。奇人も黎深も景侍郎もイイ。

でも一番は武官文官コンビ ★★★★

ストーリーに触れてないけど、それもまーいい。
├雪乃紗衣トラックバック(1)  コメント(5) 
2005'06.09.Thu

「彩雲国物語―はじまりの風は紅く」雪乃紗衣

彩雲国物語―はじまりの風は紅く

少女向けのラノベはさしぶり。しかも女の子主人公。

巷で人気の豆です。それよりもティーンズはもう出さないんですか?

わりというか、かなり評価高いみたい。ラノベさしぶりすぎて、うなってしまった。あーそーこんなんだった……。マは普通に読めるからいいけど、少女向けってこんなんだった……。
決して嫌いじゃないです。大好きです。と胸張っていうには気になるお年頃。

女の子主人公だから華やかで、騒がしい感じなのかなって思っていたけど、まわりにざくざくと発掘される男、じーさんたち(おお
楸瑛と絳攸コンビもかわいいし、静蘭いい男だし、あまつさえ最後のほうではおじいさんたちが……!王も男色家と噂されてるし。

王は激しくへたれだし、本性現してもへたれだし。秀麗の夜這いにいきときは絶対くまのぬいぐるみとか抱えていても似合いそう。「秀麗、眠れないんだ……」とくまのぬいぐるみ。

秀麗は貧乏だけどいい子で、ちょいいい子過ぎる気もする。もうちょっとはじけてもいいと思う。王のことでキーときれて、侍女たちをびっくりさせるようなはじけ方で。そこさえもぐっとガマンする子だから。

それにしても兄さん黒!あれは絶対腹黒。サドっ気ありで兄×弟とかどうですか?お兄さん絡むと本当かわいいなー。なんでもお兄ちゃんのいうこと聞きそう。腹黒兄さん。大人しく秀麗とくっついてもそれはそれで初々しくてかわいい。王さま。
あの武官文官コンビはも、本当に、勝手に、軽く濡れ場まで想像してしまった自分が怖いです……。それぐらい気になる。女大好きの武官は試験で知り合った文官が気になってほっとけなくて、しょうがない。で、とうとう押し倒し……。「おまえが気になるんだ……」「やめろっ。そんなこと他の女にも言ってるだろう」「違う!俺は……」「は、なせっ」みたいに(*´д`*)ハァハァ
……すいませ。
もっとすごいとこまで想像しましたorz
女嫌いってのもツボー。

そんな感じで本文とは関係ないところで激しく萌えに萌え。これぞ行間を読む(違

細部をもうちょっと書いてくれーとも気になったけど、それに以上にまわりが楽しかった……!いい文官いい!

最後が一気に大変なことになって、びっくり新事実判明!がいっぱいだったけど、あれ、最初から考えてたんだろうか。ともかくまわりの男(老人も)に注目を!

中国ファンタジー ★★★★
├雪乃紗衣トラックバック(0)  コメント(0) 
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。