--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'11.05.Sat

「リアル鬼ごっこ」山田悠介

リアル鬼ごっこ

翼は、翼は絶対戻って来ますよ!

あー、怖かった。怖いの読みたくてかりたはずなのにミイラになるよ。

現代ものだったと思ったら、ファンタジーぽかった。千年後の話らしいんだけど、設定がファンタジーぽい。王制だった。

そんなに怖くないのに、その状況を想像して勝手に怖さが増していって、夜中には読めんと一度放り出しました。なんかでもBRに比べたら、そんなに痛々しくも怖くもないのに、想像するとね、怖くなる。

文章軽いし、マンガチック。ところどころ惹かれる言葉はあるものの、大介くんだったり、洋くんだったりと、もう一歩。ふたりの仲が進展するにはもう一歩ほしいところ。

妹さがして、再会するシーンはまさしく妹萌えというやつですか!どれだけ妹大好きなん!と思いましたが。しかもこの妹も実に妹らしい妹で。お兄ちゃん!と叫ぶとこなんか、激しく萌えるのじゃないかと……。うつらうつらと考えながら、やっぱり最後は大介くんがかっこよかったです。地味ですか…。

最後はもっと盛り上がると思ってたんだけど、翼くんてば、始まる前もそんなに熱くなかったけど、終わりでも熱くないんだ、ね。あそこまでやられたら、ただ単にああ思うだけじゃなくて、もっと別の感情が生まれてもいいと思うのに。それだけ彼が純粋だってことか。

6並に激しい攻防戦を期待してました。いくつく結論はたぶんあれしかないだろうなと思うけど、がしがしいくかと思いきやわりとシンプル。最後の作者のやりたいことはわかった。それが言いたかったんだね。
でもこれがデビュー作と。ずいぶん前の読んだな。

ラノベかマンガでとう気もしなくはない ★★
スポンサーサイト
├山田悠介トラックバック(0)  コメント(0) 
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。