--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2007'06.05.Tue

「埋み火」日明恩



「俺は、お前に生きていて欲しい。――そう強く願っている」

ずっと前から読みたくて読みたくて、待ってたけど、ようやく読めました。警官シリーズも大好きだけど、私はこっちのほうが好みです。鎮火報ではほんと、激しくいろんなところで萌えさせてもらいました。萌えすぎて笑いすぎて、死ぬかと…。

そんな消防士の話です。
今回はちょっと厚みもなくて、話も大きな事件が起きるわけではないんですが、やっぱりどのキャラも魅力的で、漫画的といってしまえばそうかもしれないけれど、生き生きとしていていっぱい吹き出してしましました。

九時五時の事務仕事への移動を希望しながらも消防士として日々活動している雄大。あるとき失火が原因で高齢者が焼死してしまう事件が続いた。雄大は高齢者とかかわりを持つ少年を見つける。

その少年・チビがめちゃくちゃかわいくて!小さいほうのハムスターって表現が出てくるんだけど、小さくて行動がハムスターみたいで!豆柴ことクールでアバンギャルドでリアリストの友人・裕二も笑顔がかわいい!雄大とふたりでこつんとこぶしをぶつけるシーンが素敵です!裕二がチビのことを思って、マーボーナスをあーんと食べさせるシーンもかわいいです!きゅんとする!

洪さんのマーボーシリーズは読んでてもおいしそうで、私もマーボー食べたくなって、麻婆豆腐作りました。今度は麻婆春雨作りたいです!

仁藤はあまり出番がありませんでしたが、いいところはすっともっていってしまうのは相変わらずで、そのくせ雄大のストーカーだったりして!ほんとかわいいなー!お互い大好きなくせに、意地張って!

そして最後にあの人が帰ってきます!うわー!

カメはカメでも立派なカメ! ★★★★
スポンサーサイト
├日明恩トラックバック(0)  コメント(0) 
2005'03.24.Thu

「鎮火報Fire’s Out」日明恩

鎮火報Fire’s Out

ツボでツボで、ツボすぎでどうしようかと思ったぜ。

楽したい消防士の話。ひょっこり武さんが。つながってると言うより同じ世界みたい。ミステリ+社会小説。

なんというか、こうもフ女子のツボを押さえているというか、まず主人公に好感を持って、その上出てきた仁藤に激しく心動かされて、いや、ほんと彼には一瞬にしてべたぼれです!そして友人にも胸キュンとなり、果ては守にまでキュンキュンなって、とにかく大変な一冊だった。キャラ萌えも激しいけど、ミステリ自体にも燃え、ストーリーにも燃え、人情にも燃え、そして仁藤激しく萌え。

女の人らしい、明らかに狙った感があるにも関わらず、そこにはまってしまった。わかるんだけど、だけど、それでもすっごいかっこいいじゃないか!それでもキュンキュンしてしまったんだよ!ほんとかっこいい。

でももって、仁藤さん。現れた瞬間は真田さん!@トッキューかと思ってしまった。に、にてんだもの。サイボーグとか言われてても、その颯爽さ、さわやかさ、美しさ、尋常じゃない努力、頭脳。これが惚れずにいられるか!萌えに萌えてしまった……。しかもこれがピン萌えじゃないんだ。もう、仁藤さん、雄大のこと大好きなんだって。すごいやさしいんだって。でで、雄大も表面では仁藤さんのこと大嫌いて態度とってるんだけど、本当大好きてオーラが……!このふたりさっさとつっついてしまいなさいよ!たまりません……!おいしすぎる。

でもって、裕二も小坂も捨てがたいけど、ま、守!びびった。なんて素敵な中年。設定すっごい。謎多すぎる。すごい存在感。かわいい中年て……!ひー。も、やったな日明!趣味か、趣味なのか!裕二くんもかっこよかった。裕二くんも好きだ。クールでアバンギャルドなリアリスト。かっけーじゃないか。言葉に重みがあるし。

話としては武さんの話と通じる社会ものっぽい。が、やっぱり勉強になる。ミステリとしてはそこで終わらないのかと切れ切れな感じもしたけど、でもこれはミステリというよりも社会派ていうよりも、雄大の話なんだなと思った。雄大のためにはそれも大事な出来事で仁藤さんとの会話に必要な出来事なんだと。最後の最後であれはしんだよ。ありがとう雄大。ありがとう仁藤さん。激しく萌えてしまいました。

まだ守の謎も解けてないし、つ、続きとか……!仁藤さんとのその後とか……!シ、シリーズ化とか……!!無理かなー。文庫化したら手元にほし

本当カプも、雄大仁藤、雄大裕二、雄大守、雄大小坂、雄大星野、雄大生田……と主人公カプだけでも山のように。もちろんリバありでも。これほどカプが浮かぶ小説があっただろうか!

それでも本命雄仁 ★★★★★
├日明恩トラックバック(0)  コメント(0) 
2005'01.19.Wed

「そして、警官は奔る」日明恩

そして、警官は奔る

前作の微笑うの続編。

帰ってきたキチクの武さんこと、武本さん。いい人なんだよ、この人。すごい素敵な警官なんだよ。

前回のパートナー塩崎から打って変わって、今回は寝癖にだらしなくたれた前髪に、よれよれの服。半眼で、歩き方もふらふらな先輩和田。だけど、参考人前にいきなり一言。「壊すか」そして豹変したように、きつく責め立て、相手が見てもなおも追い討ちをかける。

和田ーーー!!

叫んだ。和田、かわいいんだ。豹変振りといつものやる気のなさがツボだった。無精ひげもなんのその。だって、本当かわいいんだ。その上、なにやら暗い過去を持つ。影を持つ男、素敵じゃないか!これが萌えられずにいられるか!

今回こんな相棒のせいか、武さんは単独行動が多かった。それで朝こっそりとしっかりと塩崎さんに会ってたり。塩崎さんがすごい清涼剤。癒されるよ。前の続きではなく、孤児と不法滞在者がメインの話で、切なかったりすんだけど、それを塩崎さんが癒してくれて。またそれが切ないこともあるけど。前作には塩崎さんが癒しになるなんて思ってなかったよ、ほんと。しっかりお弁当もっていってるんだ。そして家に権力を使う塩崎さんがかっこいい。

武さんは、そんな塩崎さんをよそに、和田に「ひとりにはしない」なんて言ってしまってて、あああ!とひたすら混乱。武さんは誰にだって、多分そうなんだ。ひとりでいやなことは全部かぶろうとする和田がまた素敵で、かわいくて、それをとめようとする武さんにびっくらなわけです。うん、でもやっぱり彼はやるよ。同等に塩崎さんにも……!

もうね、本当悩んでる和田がかわいいんだ。「そんな俺が迷ってる」て!!ひー。こっちが、も、悶える。もうひとつ気になるのが、彼、徳田さん。春も気になるけど、秋!武さんと組んだときは大型犬コンビみたいだけど、この徳田の旦那と和田!

 徳田の手が背広のポケットに伸びたと同時に、和田が自分の背広のポケットから煙草の箱を取り出して、徳田に勧めていた。
「すまんな」
 差し出された煙草に片手を上げ、顔を下げて拝むようにして徳田は顔を近づけると、煙草を指先で掴んで口にくわえた。和田の差し出した火にかざして煙草を点火すると、徳田は深く息を吸い込み、美味そうに煙を吐き出して、先を続けた。


激しく萌えましたとも!

いったいこの二人にはなにがあったんだよ!これ推奨する。徳田和田。ついでに武本塩崎ぐらいで。それぐらいこの二人には色気が。

それにしても武さんの言葉がすごく印象的だった。あんなに当たり前の言葉なのに、すごく重く感じた。武さんが言うとなんであんなにかっこいいんだろう。

厚さも十分あって、久しぶりに充実感のある本を読んだ気が。さくさくと読んで楽しかった!萌えに萌えたが。

トクワダだろ? ★★★★
├日明恩トラックバック(0)  コメント(0) 
2005'01.12.Wed

「それでも、警官は微笑う」日明恩

それでも、警官は微笑う

女性だから某作家のように叙情的なのかと思っていたら、案外骨太。
うわー、うれしいぐらいに男ばっかり。しかもごいつのから細身までよりどりみどり。最初からにやにやしてしまった。

あの出だし。あの場面。すっごいなんて、サービス精神!と思ってしまっても仕方ないと思う。だって、いきなりあんなことしてるんだもの。どきどきしちゃうよ。キチクの武さんじゃなくてもあれにはびっくりだよ。

とまあ、にやにやしながら読んでたわけで。どうしても私には塩崎が「せんぱーい!」なんて呼ぶから某派出所の警察官のバイクスキーな後輩の声で読めてしまって、それじゃルックスがもったいないよとどうでもいいことを考えてしまいました。しかも時々彼がかっこよく見えてしまうものだから、何この塩崎マジック!?と驚いたり。ほんとびっくりなんだって。しかもこの後輩は先輩のこと大好きで、ちょっと変わってるけど、頑張り屋さんでときたまかっこよく見えてしまう。

宮田さんも麻取の面々も武さんのとこのみんなも、あーもーと無駄なくらいに燃えてしまた。宮田さんも捨てがたいんだこれが。素敵なぐらいな設定で、ハアハア。いや、ほんと、最後までやってくれたこの彼は。最後の最後まで読んで、何この本!!と衝撃が。男ばっかりだ。

でもやっぱり最後でやってくれたのは塩崎。
あの、例の流し台のシーンで 落 ち た … …
あああ、塩崎!!か、かわいい!
これまでそんなに塩崎のことかわいいなんて思ったことなかったのに、これはきた。やられた。正直にやられた。こんな落とし穴が待ってたなんて!この小動物はいったい何なんですか!

あ、叙情面も全体的にけっこう書いてた。ミステリとしてというより、ハードボイルドチック。塩崎は要注意。


萌え度 ★★★★
├日明恩トラックバック(0)  コメント(0) 
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。