--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2007'06.04.Mon

「ぼくらの家出 3days」さとうまきこ



「なにかっていうとね、ともだちが……っていうより、はっきりいって、雄介がいるから。だから、学校へいく、オレは」
「オレも……だなあ」
 あくびまじりにいって、雄介は寝返りをうち、ぼくに背中をむけた。


ぼくらのケータイ3days続編です!
児童書です!

うわ!小学校卒業だってのに、前巻とほとんど変わってない!少しは大人になってるかと思ったのに!

小学校卒業記念に何かしたいと二人は春期講習をさぼって、二泊三日の家出をします。小田急線に乗って、いったりきたりしたり、箱根湯本まで行ってみたり。しかし省吾が途中大事な食料バックをなくしてしまい……。

小学校を卒業したばかりのふたりにはちょっとしたことでもどきどきで、読んでるこっちまでどきどきしてきます。大人になって、ひとりで知らない街も歩けるようになって、こんなどきわくはしばらく感じませんでした。だから懐かしかったり、大人として心配になったり、はらはらしたり。よくもこんな無計画な家出を決行できるなとも思いました。

そして相変わらず仲のいい省吾と雄介にもときめいてしまいました。省吾が前読んだときよりも悪がきになってるような。この二人は親友というか、悪がきコンビというか、男の子二人組という感じで、きゅんとするよりは見守るようなハラハラ感がありました。萌えなら前巻のほうが断然熱い。

そして箱根で出会った少女ともふたりは次第に親しくなって、雄介のことは呼び捨てなのに、自分のことは君付けなのが、気になる省吾がちょっとかわいかったです。仲良くなろうとするんじゃなくて、自然体で仲良くなっていく二人がうらやましいです。でも悪がき(笑

天使と女神 ★★★
スポンサーサイト
├さとうまきこトラックバック(0)  コメント(0) 
2005'10.08.Sat

「ぼくらのケータイ 3days」さとうまきこ

ぼくらのケータイ3days


「いや……。ちょっと、テレるなあ」
 ぼくはぽりぽり、頭をかいた。「なんだよ。いえよ」と、雄介。
「いやあ……。じゃあ、いうけどさあ。あのね、オレにはおまえがいるから。だから、強気? でいられるし、毎日学校へいくのも楽しいわけじゃん。でも、もしも、おまえがいなくて、クラスでも、なんていうか、ういてて? ひとりぼっちだったら……。わかる? オレのいいたこと」



きゃー!や、やだ!何この恥ずかしすぎる二人は!!

氏の本はぼくらシリーズしか読んだことないのですが、は、恥ずかしい!!そのくせ激萌。このやたら仲のいい小学生。

クラスでも浮いてて、何をするにも一緒。他の奴と遊ぶよりも二人のほうが楽しいと!注目すべきは二人の会話。ど、どれだけ好きなんだよっ!!恥ずかしすぎて悶えながら転がる勢いでしたよ。淡い恋心もなんのその、遠く憧れよりも近くの本当の愛に気づくのはすぐそこだだ。


多分ね、早熟な雄介のほうが先に気づいて、避けたりするようになって、それに省吾が傷ついて、泣かしてしまって、告白、みたいな王道。もしくは割と大人な省吾から自然と言ってしまうみたいなパターンも素敵。とにかくこの二人の将来が楽しみで仕方ない。もうね、微笑ましいを通り越して、こっちが赤面ものです。


本当二人で見詰め合って、小突いたりするんだよ。並みの親友じゃない。


バリカン坊主意外と似合うと思う ★★★★
├さとうまきこトラックバック(0)  コメント(0) 
2005'08.06.Sat

「ぼくらのミステリークラブ」さとうまきこ

ぼくらのミステリークラブ

五巻。とうとうこのシリーズもこれで完結。
前回のモロの話の続きでもあるけど、一巻のあの子が主人公。

あーもーモロかわいい。そしてお調子者のれおんがかわいいといったら!本当最初はテツもいやなやつなんだけど、みんなと仲良くなっていって、いい子になったり、モロがずいぶんフランクになったり。れおんが癒しです。

モロが最後に記憶を取り戻して、あいつに会いに行くと言ったときには泣きそうでした。 早く!早くあいつに会ってくれ!モロと会ったらたぶんすごく喜ぶんだろうなと。そこまではかかれてないから想像するしかないだけど、もちろん妄想でカバーですよ!

最後までやっと読めたけど、児童書なんだけど、お決まりの説教も青春みたいなのもなくて、だけどモロがかわいくて、よかった。

モロとれおんのかけあいが……!! ★★★★
├さとうまきこトラックバック(0)  コメント(0) 
2005'05.10.Tue

「ぼくの・ミステリーなあいつ」さとうまきこ

ぼくの・ミステリーなあいつ

うん、そうなんだ。ぼくは今でも、モロが男だってわかった今でも、こんなふうに胸がどきどきすることがあるんだ。

それは恋だからだ!

祝モロ再登場!!
といっても前巻でもモロがでてくるといってたし、再版だし。それにしてもモロ登場はうれしい。モロの家庭状況も知れて、モロのすごさもしれて、最後は大変なことになってるけど……これ、続くのかよ!

達也くん、それは恋だから。早く気づいて(違

あっさりイッキ読み。さすがジャイブ。

モロ、ど、どこへ!! ★★★
├さとうまきこトラックバック(1)  コメント(0) 
2005'01.16.Sun

「ぼくの・ミステリーなぼく」さとうまきこ

ぼくの・ミステリーなぼく

前とは一風違ったミステリー。ドッペルゲンガー。

ぼくもいいけど、モロ!!!!
「ハーバード」て言った瞬間、輝いて見えた。外見かわいいのに、この子ぼくさそって颯爽とラーメン屋へ。小学生なのにすごい。かっこいいよ。もっとこの二人をみていたかった。
でも次の巻にモロが出てくるらしいので期待。

二十年近く前に書かれた話らしいけど、今でも十分通じる塾に通う小学生。そんなに前から受験戦争が。

モロくん! ★★★
├さとうまきこトラックバック(0)  コメント(0) 
2005'01.16.Sun

「ぼくらのミステリー学園」さとうまきこ

ぼくらのミステリー学園

ミステリーシリーズ第二弾。

途中まで読んでて気がつかなかったけど、これ一冊完結ものなんだ。しかも登場人物前回と違う。前回の主人公、こんな性格だっけ?と思ってたら、全然人違うじゃないか(あほ

いやでもさ、トミーかわいいじゃないか!

トミーはめがねをはずし、指で強く、まぶたをおさえ、またかけなおした。いっしゅん、ぼくは、めがねをはずしたトミーの顔を、かわいいと思った。

そしてこの二人いつの間にか仲良くなって、あまつさえ、クラスメイトにはやし立てられる始末。黒板には相合傘。
いっそのことくっついてしまえよ。

トミーがかわいかったです ★★★
├さとうまきこトラックバック(0)  コメント(0) 
2004'11.23.Tue

「ぼくのミステリー新聞」さとうまきこ



まんざいが手に入らないので、かわりというわけじ痰ネいけど、かりてみたカラフル文庫。

児童書なのでわりとさらりと。
それにしても児童書なのに、こんなにいじめとひとりぽつんとか、あっていいんだろうかと不安になりつつも、あとがきで二十年前だと気づく。ノストラダムスの話で、あれっとも思ったんだけど、そんなに前だったのか!

野村くんとの関係が気になります(腐女子

本日の評価 ★★
├さとうまきこトラックバック(0)  コメント(0) 
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。