--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'10.17.Mon

「幻獣遁走曲―猫丸先輩のアルバイト探偵ノート」倉知淳

幻獣遁走曲―猫丸先輩のアルバイト探偵ノート

「ね、ちょっと面白かったでしょう。こんな妙なこと、なかなか経験できませんからねえ」

ひさしぶりの倉知氏。
星降りでは衝撃を受けて、放課後読んで以来だ。

すごくポップで明るい話ばかりなんで、こうゆう話も書く人なんだ。と思っていたならば、解説でこっちが珍しいんだと知りました。本当はもっと暗いのね。猫丸さんもあんな人だから明るい話しだと思ってましたよ…。

というのもシリーズ何作目になるのかわかんないけど、猫丸さん初めて読みましたよ。

ちょっと謎が解けるものもあるけど、全部ほのぼのする話で。あー、こっちが例外なのね。ちょっと伊良部思い出しました。あれの最初も読んでない。読みたいなー。

病院の話が好きです ★★★
スポンサーサイト
├倉知淳トラックバック(0)  コメント(0) 
2005'03.20.Sun

「ほうかご探偵隊」倉知淳

ほうかご探偵隊

ミステリーランドシリーズ。倉知氏編。

不要物消失事件から犯人を探し出すために乗り出した僕たち四人。みんなで話し合って、関係者、といっても学校の先生だったりするけど、話を聞いて、考えて、というミステリーランドらしい小学生主人公の探偵もの。

だけど、この探偵役の龍之介くん。

 第一印象は、同級生なのに随分ちっちゃいなあ、というものだった。背が小さくて顔が小さくて、そのくせ目だけはリスみたいにまん丸で大きい。森の小動物みたいなヤツだなあ、と僕は思ったものだ。

ちょっとかわいすぎるかなっと思っていたものの。

「高時が被害者になれば、事件を捜査する名目がつくし、僕は君の相棒として自然に探偵活動を始められる」

高 時 限 定 ! !

か、かわええ!そこでなんで高時くんを選んだの!と思いっきりつっこんでやりたいほどのかわいさ。少年は大好物だけど、女の子っぽさのかわいさはあまり萌えないけど、なんだかちょっぴりきゅんとなったよ。

こうなぞはまだまだ終わらないといっぱいでてくるたびにドキドキ。ミステリっていい。

リス目! ★★★
├倉知淳トラックバック(0)  コメント(0) 
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。