--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2006'09.18.Mon

「弔鐘はるかなり」北方謙三

弔鐘はるかなり

 藤井が煙草をくわえた。俺にも一本くれ、と梶は言った。火のついた煙草を藤井は梶の口もとにもってきた。

北方さんのデビュー作なのでかなり古いです。なんとなく古本で買った気がする。が、ものすっごい萌えた。久々に萌える本だった。取締官の藤井が梶のことを好意に思ってたり、子分のような哲がめちゃくちゃかわいかったり、アニキのこと慕いすぎ!ラストはやっぱりハードボイルでした。痛い。

藤井との会話が好きです ★★★
スポンサーサイト
├北方謙三トラックバック(0)  コメント(0) 
2005'01.30.Sun

「肉迫」北方謙三

肉迫
肉迫


読みたかったブラッディドールシリーズ第一巻。
ハードボイルド。

秋山と川中氏の関係とともに、にわらわらと群がる(?)ワンコのような藤木と坂井にもどきどき。敬語ボディガードがなんとも。行きどまりほど、激しくもなく、むしろやんわりとした雰囲気でわりと心穏やかに読めた。
こう男ばかり集まってくると無性に胸が高まる。

シリーズものなのでまだ楽しめそう。

バーテンラブ! ★★★ 
├北方謙三トラックバック(0)  コメント(0) 
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。