--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'11.18.Fri

「双月城の惨劇」加賀美雅之

双月城の惨劇

「どうしたんだ、パット? 数日前に別れたばかりだと言うのに、一年も会わなかったような顔をしているじゃないか」
「……ベルトラン……私は……」


なんといっても主役のパット。
こんなにかわいいやつだとは思わなかった。

古城と双子の美女と惨殺と名探偵の対決。と作者の好きなものを散りばめた本格派。どちらかといえば、変わり者の探偵とちょっとへたれなワトスン役という新本格時代のほうが好みでs

て、綾辻時代からの人は基礎を知らないと言われてるし。す少しなら読んだよ!クイーンと乱歩!横溝は積読してるよ!そのうち全巻そろえたい。と野望だけは燃やしつつ。

婚約者がいる身であってもベルトランにおける信頼とかやっときてくれたときの安心感とか!!この子かわいい。ベルトランも独身貫いているのはこの甥っ子がかわいいからじゃ…(違

でもこうゆうミステリ大好き。やっぱり古城だからこそ、なんたらかんたらでなくては!その心意気大好きです。なるほどなーと途中で気づきましたが、あれはあれで夢に見そうです(怖

確かに動機が弱いですし、あのミスリードにはだまされましたが、あそこまで言っといて!トリックまずまず。
が、最後のあれはちょっと…。なんでみなさん最後になって物分りがいいんですか…。犯罪は犯罪でしょ…。そこにどうゆう理由があっても殺人は罪でしょ。第二まではよくても第三は明らかに自分のためじゃないか…。そんなわけでちょときれい過ぎるラストに悶々としてしまいました。

むしろパットはベルトランと暮らせばいいと思います ★★★
スポンサーサイト
├加賀美雅之トラックバック(0)  コメント(0) 
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。