--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2004'12.23.Thu

「アヒルと鴨のコインロッカー」伊坂幸太郎

アヒルと鴨のコインロッカー

「というわけでだ」彼はさらにつづけた。「一緒に本屋を襲わないか」


だ ま さ れ た ! !

この二年前と現在のつながりがまったく見えない中、一気に収束されいく快感。これぞ伊坂マジック。

しかし引きこもり探偵を読んだせいか、バスの痴漢のくだりはなんとなくいやな感じが。それが現実だとしても、苛々としてしまう。もっと頑張れよ少年。

河崎にもちょっと萌えが、た、足りず。きれいなのはいい。たらしなのもいい。それでいて、琴美ちゃんのこと助けようとしてるのもいい。颯爽と現れたときはきゅんとなったよ。

ドルジの最後のほうの言葉で、最初とつながったときの気持ちよさは忘れられない。

大好き度 ★★
スポンサーサイト
├伊坂幸太郎トラックバック(0)  コメント(0) 
2004'11.23.Tue

「オーデュボンの祈り」伊坂幸太郎



まわりにまわって、オーデュボン。

伊坂作品を通じて出てくる「未来は神様のレシピで決まる」てのと人生誰ものが初心者てのには納得。強くい言いたいんだなって思う。しゃれてる。

変な島で、わけわからずに、どんどん進んでいって、カカシ!?とびっくりしたけど、みんな別の方向へいっているように見せかけて、最後はすんなりまとまっているのが井坂マジック。どうなるのよ、これ?とさっぱりだったわりに終わりがいつもきれい。わからないのがわからないままで、さっぱり終わるのは舞城ワールドだと信じてます。

やっぱり重力ピエロが好きかな。

あ、ロクと徳之助に萌えてしまったよ。桜もすき。ピンで。

本日の評価 ★★★
├伊坂幸太郎トラックバック(0)  コメント(0) 
2004'11.23.Tue

「ラッシュライフ」伊坂幸太郎



伊坂おもしろい。
izumiさんでも取り上げられてるから、生協さんでもフェア中の伊坂氏。

なんでだろう。このぐいぐいと引っ張られる感じは!とまんないというわけでもないけど、どんどん引っ張られてく感が。ばらばらの話がどう収束していくのか、気になって、とまらなくて、危くハードカバー持ち歩きそうになった。さすがにやめたけど。重いよ。

エッシャーが好き。騙し絵が好き。「これどうなってると思う?」と表紙を弟ぎみに見せたところ、奴は本気で考え出しました。
「こことここの水平位置が同じで、実はここが下り坂で……」
「あほか」
一蹴してしまいました。

何よりも黒澤にほれそうになった。
だってかっこよすぎるんだもの、彼は!ピエロでもそうだったんだけど、さらりとすてきなところをさらっていく黒澤。

「自分がくだらないと思うときがないかあ、おまえ」
「おまえにこんなことを一々説明してる、今この瞬間だってそう思っているよ」


落ちそうになったぜ黒澤!ほかにもいっぱいかっこいいところあるけど、やっぱりここが衝撃的だった。そして探偵家業も始めるのですか!調子に乗ってオーデュボンをかりる。

本日の評価 ★★★
├伊坂幸太郎トラックバック(0)  コメント(0) 
2004'11.23.Tue

「重力ピエロ」伊坂幸太郎



お、おもしろい。初読み伊坂。

話題に上がってても気になりつつ、手を出してなかった伊坂氏。うっかり偶然何の因果か、かりてしまう。わ。人気に理由わかる。
うまいもの井坂氏!会話が洒落てるもの伊坂氏!
こんなに軽いのに、最後は本当じーんくるもの伊坂氏!

弟の春が、印象的で、ぐいぐいと引っ張られ、魅力的な人だ。この家族は仲がいい。びっくりするぐらい仲がいい。極めつけはやはり父さん。言葉もなく、握手を交わすシーンにじーんと、苦しくなるほどだった。も、な、涙で文字が読めませ。父さんいい人だ。父さんさすがだ。春の父さんのための行動も、ぼろぼろと涙が。それまでの軽快なストーリーと会話が一瞬にして、感動シーンになるとは!春が父さんを思う気持ちが痛いほど伝わってきて、涙涙。でもそれと同じくらい会話のテンポがよくて、笑ってしまって。井坂おもしろじゃん。

しかしまー、あの遺伝子の話は、仮にも専門をかじってるるものとしては、ちと疲れる(汗
頭文字と言われて、アレには途中でハッと気がついた。兄さんより早かったぜ!←自慢にもならない。

本日の評価 ★★★★

├伊坂幸太郎トラックバック(0)  コメント(0) 
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。