--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2005'11.05.Sat

「レオナルドの沈黙」飛鳥部勝則

レオナルドの沈黙

「で、影屋君、今回はどんな事件なのだね?」

きろくさんのとこで紹介されてて、もうね、素敵な読みたくなるほうbな本ばかりだから、読もう読もうと思いつつも機会が、むしろ本がなくて、ようやく一冊。ウィンブルトンも手に入れましたよ!

フ女子ですから、トリックよりも超能力よりもがっつりと探偵と友人のあれこれを想像してしまうのはさがですが。

思っていた以上にミステリじゃなくて、自称・超能力者が出てきて、自分が殺したと言い張るので、不気味な怖さがじわじわと。条件も謎もいっぱい整っているのに、超能力が、テレパシーがどうのこうのと出てくるからじれじれしてしまった。さっさと探偵、もしくは助手は手がかりを探しにいかんかい!そして論議を!なんて思ってしまったことは秘密です。

しかしま、最初のとことか引っかかりを覚えていたにも関わらず、だまされる。あーね!そうなのね!洞察力がないとか、読解力がないとか言わないで。だってもう、雪だるまなんだよ。そんなかわいい理由で雪だるま作ってるんだよ。微妙にネタバレ注意報<同名てのはわりとずるいと思う。>そういう引っ張り方をするのか……。

でも、ものすごく美青年な刑事さんと妹尾さんのほのぼの感にはまったりとなりました。こうね、妹尾さんにからかわれて、遊ばれて、いじられる影屋さんがみてみたい。

宇宙の缶詰… ★★★
スポンサーサイト
├飛鳥部勝則トラックバック(0)  コメント(2) 
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。