--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2007'11.10.Sat

「熱氷」五條瑛




全体を通して、激しい萌えはありませんでしたが、ところどころできゅんきゅんしてしまいました。プラチナで五條先生のファンになった私ですが、やられた!という感では今回ももちろんぬかりはありませんでした。毎回本当に素敵なモエをありがとうございます。今まで読んだ鉱物シリーズやスノウグッピーとは一味違う話で、主人公の石澤のせいか、けっこう余裕があって、緊迫感があまりありませんでしたが、たぶんほかの話よりはハードボイルドです。今までの中で一番ハードボイルドっぽい主人公かもしれない。

悪役かと思った人たちがいつの間にか逆転していい人たちだと思ったり、その片割れであるマヤには十分だまされました。このコンビはコンビで好きだったんですが、まさかの展開にもっと好きになりました。

今回スワローといい、マヤといい、そういうキャラ多いような。むしろ大歓迎ですが。スワローも本当かわいかったです。石澤をなきながら止めようとしたときは、きゅんとしてしまいました。双子としても大好きで、じゃれあってる姿が本当かわいくてかわいくて!どっちも石澤のことが大好きで、でも個人的にはスワローとくっついて欲しい気もするけど、もう少し三人で仲良くしていてほしいです。どっちとくっついても、どっちも祝福するんだろうなと思います。読みたいので誰かかいてください。滑川とマヤコンビも。むしろ先生続きをお願いします!

姉の残した子と初々しいパパの話かと思ったら、双子と天然の話でした ★★★★
スポンサーサイト
├五條瑛トラックバック(0)  コメント(0) 
2007'11.08.Thu

「紫嵐」五條瑛




「春になったら、この街に嵐を起こそうよ」
「嵐だって?」


断鎖の亮司はチンピラだったのに、紫嵐の亮司のかわいさといったら!
裏社会で生きてきたにしても、やっぱりほかの人からみたら亮司はまだまだいいとこの坊ちゃんでしかないようで、鳩のまぶしいものでもみるような見方がたまりませんでした。
サーシャが拾った子どもがこんなにも元気になっててよかったです。そして聡明でやさしい子。鳩とふたりでまったりしてるところが大好きです。ほのぼの。

鳩はどこにいっても結局鳩でしかなく、サーシャに選ばれることがなかった鳩が少し不憫でした。でもその分ビジネスというか、取引に関しては公平に(?)どちからといえばサーシャのほうが優位だけど、その分はしっかりと働いてくれたみたいです。

すみれが大食い大会のTVを見て怒っていた場面は本当日本人として恥ずかしいです。高級食材を使用したTV番組や料理店を取り上げたりするのは見ていてときおり嫌気がさします。そういう番組があるのは当然の事で、そんなこといっていたら、料理店なんて営業できるはずもなく、どうしようもないことですが。

嘉瀬と一紀コンビもいい。狂犬かわいい。

すみれはいい攻になるよ 受でもいいけど ★★★★
├五條瑛トラックバック(0)  コメント(0) 
2007'08.04.Sat

「プラチナ・ビーズ」五條瑛



 ――知るのが仕事だ。

もっと早く読めばよかった!!

極東ジャーナルに勤めながら、<会社>の上司・エディの指示でHUMINT(人的情報収集活動)を行っている葉山は北について情報を集めていた。一方米軍横須賀基地の海軍調査軍の調査官坂下は行方不明になっているパウロを探していた。

相変わらず説明が下手ですみません。鉱物シリーズ第一弾。知らずに読んでました。内容も知らずに読んでました。途中で北朝鮮や国際スパイや亡命という単語が出てきて、堅いテーマと思ったけど、読み出したらとまりませんでした。いろんなところで名前を見かけるだけはありますね。分厚いし、テーマは堅いけど、話はとても読みやすいです。おすすめ。

と一般的な話はそこまでで、ほんと萌え尽きた…(´Д`)ハァ…
葉山がみんなに愛されすぎてて、びっくりした!世界の不幸を背負い込んでいるような男とかかれてたけど、確かにね!そんなところはある!みんなに愛されてるのに気づかないどころか、脅されてると思っていたり。中身はばりばり日本育ちの日本人なのに、外見が日本人には絶対見えなかったり、血管が透き通るほど白かったり、夏が苦手でマラソンで倒れてしまったことがあったり、でも意地っ張りで倒れたくせに最後まで走ったり、エディに黒人のDJとホテルのブライダルフェアのウェディングドレスの前で待ち合わせをさせられたり、上司のエディが苦手だったり、勢いよく乗り込んで船酔いしたり、どこをとってもすてきすぐる葉山。かわいすぎる葉山。守ってあげたくなるけど、庇護欲をかきたてられるけど、逆にいじめたくてたまらなくなる葉山。親代わりの先生になついてて、すごくかわいい。先生と一緒にいるとほのぼのする。思いっきり甘やかしたいけど、逆にいじめて反応もみたくなるかわいさ。こんなところをエディや坂下はわかってて、いじめたりかわいがったりやさしくしたりするんですね。すごく不幸でかわいそうな境遇なんだけど、気づいてみればまわりからすごく愛されてるわけで、でもそのまわりのみんながちょっとかわったやつらばかりで素直に正面からやさしくしないから、また葉山は一人で不幸を背負い込んでしまったり。バカな子ほどかわいいの心境に近い。でも決して葉山はバカな子ではなくて、どちらかといえば鈍感なだけで。そんな愛しい葉山とまわりの人々を楽しんでたんですが、

後半が怒涛の坂下×葉山でしたΣ(´∀`;)

葉山一人で乗り込むと思ってたら、となりにはなぜか坂下(乗り込む段階で気づけよ!)危険な場面は颯爽と現れる坂下。船酔いを心配する坂下。

なんていうか、真っ向かららぶらぶで愛して甘やかすってのもいいけど、やっぱりいがみ合いながらも互いを信用してたり、利害一致のため手を組むとか、そこから生まれる友情とか、最初は相性最悪とか、そんな王道大好きです!愛情の裏返しみたいな!好きなのか、嫌いなのか、どっちかわからないけど、もしくは両方かもしれないけど、惹かれあう、考えずにはいられない、離れられないとかいうのも大好き。だからバテリもすごく好みだったんだ…今さら…!

特にエロシーンがあるわけでもないのに、すごくエロスが漂ってました。いろいろと妄想してしまいました。

最後の坂下のアレは反則ですよ、反抗期の原因がアレだなんて ★★★★★
├五條瑛トラックバック(0)  コメント(2) 
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。