--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2007'08.16.Thu

「涼宮ハルヒの陰謀」谷川流




朝比奈さんが二人いる。

消失でやり残したことの続きからスタート。時は流れ、二月の節分をみんなで盛り上がったその数日後、朝比奈さんが部室の掃除用具入れに現れた!

朝比奈さん(大)から指示は下駄箱の手紙でくるけれど、その指示の目的はわからず、未来の朝比奈さんとキョンはとりあえずその指示通りに動く。一週間後の朝比奈さんは何のために未来から来たのか、キョン君に聞けばわかると朝比奈さんは言うが、キョンにはまったくわからない。
最後のすべてが明らかになるんですが、やっぱり長編はしっかりとストーリーが作られてて、その理由が知りたくてあっという間に読んでしまいました。最後は鮮やかでした。それにしても最近ずっと古泉がのけ者状態(笑

ついでに主人公のハルヒもあまり活躍がなかったけど、みくるちゃんがかわいい一冊でした。消失が長門のための話だとしたら、陰謀はみくるちゃんの話です。未来から来たのに、上司から何も教えてもらえなくて、自分が役に立たないことを悩むみくるちゃんがかわいかったです。
新しく敵(??)のような人たちも出てきて、これからまた一騒ぎありそうな予感。

ハルヒの陰謀はとってもかわいかったです。ちょっと人よりは飛びぬけてるけど、でも閉鎖空間を発生させるほどぶっ飛んではなくて、もう少し普通に近い感じの陰謀ですごくかわいかったです。

つるにゃんもかわいかった ★★★★
スポンサーサイト
├谷川流トラックバック(0)  コメント(0) 
2007'06.28.Thu

「涼宮ハルヒの動揺」谷川流



 長門は立ち止まり、かろうじて振り向いたと形容できる程度に首を横向けた。不意をつくように舞った風が、さらりと長門の髪を散らして横顔を隠す。
 冷え切った夜の風は俺の耳を切るようにして吹いている。しばらく待っていると、静かで小さな言葉が風に乗って届けられた。


短編集です。ハイテンションモードじゃなくて、しっとり甘くて(?)切ないが多かったです。

文化祭、編集作業でくたくたのキョンは休むため、ライブをしている体育館にいたら、なんとステージに上がってきたのはバニー姿のハルヒだった!「ライブアライブ」

文化祭のためにSOS団がとった朝比奈みくる主演の映画の全貌が明らかに!「朝比奈みくるの冒険 Episode00」

中学時代のクラスメイトからほれた!と電話が入ってきて、なんとその相手は…!「ヒトメボレLOVER」

前作の雪山症候群の続きでもあるマーダーゲームの話。「猫はどこに行った?」

いつもと違ってぼんやりしている朝比奈さん。朝比奈さんにキョンは茶葉を買いに行くのを手伝ってと頼まれる。「朝比奈みくるの憂鬱」

映画の話はハイテンションです。ほかはちょっと切ない、しっとりした話でした。
最初の二つはアニメにもなっているもので、アニメとの違いを楽しめました。ヒトメボレはこれがまた長門がかわいくてかわいくて!最後の一言できゅんとなりました!相手が長門ってのにもびっくりしたけど、あーなるほどーと納得…納得…でき、ない。なんかまた反則的にわからない説明が!でも長門がかわいかったから許す!猫は~ではまた古泉がキョンに目で合図したりと、おまえは!最後の話の朝比奈さんもかわいくて、でも上級生のお姉さんという感じもして、不思議な人だなー。癒される気がする。カラーのみるくにゃんもかわいかったですけど、にゃがともかわいかったです!ぜひ、古泉も!!(…)

あれ?団長あまり活躍してない??

シャミー! ★★★
├谷川流トラックバック(0)  コメント(0) 
2007'06.18.Mon

「涼宮ハルヒの暴走」谷川流



「ふと気づいたのよ。夏休みはもうあと二週間しかないのよね。愕然たる気分になったわ。ヤバイ! やり残したことがたくさんあるような気がするのに、それだけしか時間が残っていないわけ。ここからは巻きでいくわよ」
 ハルヒの手書き計画書には、次のような日本語が書いてある


ハルヒシリーズ第五弾!
夏の話、中間の話、冬の話の短編集。
カラーページがまぶしい!女の子ズかわいいよかわいい!(・∀・)
でも一番はTシャツ姿の古泉がかわいいえろい!(ええええ

時間は行き来します。夏休み残り二週間。まだまだ遊び足りないというハルヒが特別にSOS団のためにスケジュールを組んで、みんなで遊ぶことに!だけど、何かがおかしいとキョンは思い始め、夜中に朝比奈さんから電話がかかってきた。朝比奈さんは泣きながら未来に戻れなくなったという。「エンドレスエイト」

アニメにもなったコンピ研とのパソコンゲーム対決。強奪したパソコンを返してほしいとコンピ研部長が新たにノートパソコンをかけて、自作のPCゲームで勝負に挑む。「射手座の日」

冬の合宿は鶴屋さんの別荘で、マーダーゲームをすることになるが、スキー中にSOS団は遭難してしまう。吹雪の中で見つけた館は信じられないことに時間の流れがおかしくて…。「雪山症候群」

どの話もハルヒシリーズらしい非日常的で、かわった話。射手座の日はそうでもないかな。雪山症候群はまだなぞが全部解決したわけじゃないみたいです。まったくわかってないというか。

そして相変わらず長門が大活躍でうれしい限り!
裏表紙に「長門が熱で倒れちまって、SOS団発足以来、最大の危険なんじゃないか」とあるけど、それとは違ったような。熱を出したときにはほぼすべてが終わっていたような。雪山の偽者が現れたのはいいけど、古泉のところがキョンだったのは思わず吹きました。ええええ?なに??なにを狙ってるの??(笑
古泉もそうはいってもまんざらじゃないんじゃ…!

夏の話はみんな弾けてて、かわいかったです。水着とか浴衣とか、ハルヒはほんとセンスはいいね!あと料理がうまいってのも意外でした。ハチャメチャな味になってそうなのに!やっぱり頭がいいから??

カエルカエル ★★★
├谷川流トラックバック(0)  コメント(0) 
2007'06.17.Sun

「涼宮ハルヒの消失」谷川流

涼宮ハルヒの消失

「お前たち、涼宮ハルヒを忘れたのか? どうやったらあんなやつを忘れることができるんだ……」

今まで一番文おもしろかったです!イッキ読みでした!
クリスマスを前にクリスマスパーティーを企画するハルヒともちろんのごとく巻き込まれるSOS団メンバー。しかし翌日、何かがおかしかった。その異変を感じていたとき、ハルヒの席になぜか朝倉がやってきた!

ハルヒの消失というよりは、長門による長門のための長門の小説。

長門大好き!(*´Д`)

ハルヒがいなくなっただけではなく、朝比奈さんも長門もキョンの知らないまるで別人のよう。古泉にいたってはクラスまでがなくなっていた!右往左往するキョンとキョンに好感を抱いている普通の読書好きの女の子長門に注目です!
普段は絶対見ることのない長門が照れている様子やにっこりと笑った表情とか!長門好きにはたまりません!

後半になってようやく古泉がいつもの説明口調でしゃべりだしたり、朝比奈さん(大)がでてきたり、ハルヒにいたってはめずらしくほとんど害がなかったりと騒がしくなります。

そして前作からの伏線もばっちりと!読んでなくても楽しめるけど、読んでるともっと楽しめます!ストーリーがまっすぐじゃなくて、ちょっと複雑になっているので、それも考えながら読んでいったのでとてもおもしろかったです。

消失は映画向けてのを読んだんですけど、確かに一気に見たいですね。ぜひ映像化を!前巻のあの話もぜひ含めて!
てっきり原因は 朝倉 かと思ってましたが、そうだったんですね!うわー!

ジョン・スミス ★★★★★
├谷川流トラックバック(0)  コメント(0) 
2007'06.16.Sat

「涼宮ハルヒの退屈」谷川流



「野球大会に出るわよ!」

涼宮ハルヒシリーズ第三巻。短編集です。
野球大会に出ることになったり、七夕の日に朝比奈さんと三年前の過去に戻ったり、ハルヒの作ったエンブレムが原因でコンピ研の部長が行方不明になったり、孤島で殺人事件に巻き込まれたりと今回も大変なSOS団です。大変なのはキョンひとりなのかも。

どれもきれいにまとまってるわりには伏線がしっかり隠れてて、それもその巻だけの伏線じゃなくて、次の巻、もしくはシリーズ通しての伏線だったりするから、細部まで見逃せません!

でも相変わらず意味もなく、キョンに顔を近づけたり、触ってきたり、近寄ったりする古泉に、うはwwとときめきを隠せません!(え
なんだろ、気持ち悪い!(ほめてる)とも思うのに、かわいいと思ったり(もちろんほめてr)。侮りがたし古泉。

それにしてもみくるちゃんがかわいいのは当たり前だけど、長門もかわいくてかわいくて、キョンが長門に気遣って、長門がきょとんとしてるのがすごくかわいい!それをハルヒが壊したりすると、ハルヒおまえはいいから黙ってろとキョンじゃなくて言いたくなる。
孤島症候群はアニメとけっこう違ってましたね。

眼鏡の長門も大好きです ★★★
├谷川流トラックバック(0)  コメント(0) 
2007'06.13.Wed

「涼宮ハルヒの溜息」谷川流



 そしてハルヒは、いきなり勝ち誇った声で言った。
「あたしたちSOS団は、映画の上映会をおこないます!」


文化祭編です。
アニメでは完成品が映画としてできているのが素敵!

ハルヒとの出会い(一巻)から時は流れ、文化祭間近、ハルヒはSOS団で映画を撮ることを言い出す。もちろん巻き込まれるのはキョンをはじめとしたまわりのみくる、長門、古泉。それからみくるの友達・鶴屋さんやキョンの友達・谷口、国木田。またもやハルヒの言動によって不可思議なことが周りで起きる。

戦うウェイトレス姿のみくるちゃんもかわいいけど、魔女コス長門もいい!(・∀・)

表紙のみくるちゃんもめちゃくちゃかわいい!!相変わらず胸でかい!やっぱりラノベはイラストも重要だから!

人の知らないところで活躍してる長門がかわいくて!次回への伏線もあったりして、楽しく読みました。ハルヒは相変わらず強引だけど、まわりがおろおろしすぎて、ちょっとした恐怖です。アニメ以上に古泉がよくしゃべってました。古泉大好きなんですが、思わずうるさいと思いました(ほめてる

古泉がキョンに冷たく当たるのは愛の裏返しなんですよね!(違
キョンがみくるちゃんをかわいいと思うのはいつもですが、長門もかわいいと思っているところがなんとも!

ミ、ミ、ミ、ミクルビーム! ★★★
├谷川流トラックバック(0)  コメント(0) 
2007'06.12.Tue

「涼宮ハルヒの憂鬱」谷川流



「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」

アニメを見て、ニコニコでいろいろ見てたら、すっかり古キョンにはまって、小説が読みたくなったので買ってみました。

内容は知らない人も少ないと思いますが、少々(だいぶ?)変わった女子高生ハルヒに、それに振り回されるキョン。おもしろいことがないと嘆いていたハルヒは突然SOS団なるものを作ってしまい、それにキョンは巻き込まれる。ハルヒはかわいいからという理由で上級生の朝比奈みくるを引き連れてきたり、謎の転校生・古泉一樹を引っ張り込み、もともとの部室の持ち主で唯一の文芸部員・長門有希も巻き込む。

一巻は本当にアニメが忠実に再現してて、どのセリフを読んでもアニメ声で頭に入ってきて、新鮮ではなかったけど、流れはよくわかりました。でもあまり目新しいものはなかったです。それでもこれが原点なんだなって。忠実すぎて、ちょっと感動。アニメスタッフさんにありがとうといいたい。

もちろん手をつないで閉鎖空間に入るシーンがすkk

閉鎖空間では過激 ★★★
├谷川流トラックバック(0)  コメント(2) 
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。