--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2006'04.17.Mon

「桜の下にカミは眠る」紙谷龍生

桜の下にカミは眠る―ジオメトリック・シェイパー

「おい……なにをする気だ?」
 匠がかすかに目をみはる。
「いいことさ」
 にんまり笑みを浮かべ、貴大はベッドの端に腰を下ろした。匠の裸身に覆いかぶさる。
「よせ……、や、やめ……」
 匠はじたばたともがいた。が、抵抗ははかない試みだった。
「あ……!」


※BLじゃないです

ごめ、新人かと思ったorz
新人ならこんなものかなって思って後ろ見たら違った…。すいませ…!
ラノベっぽいラノベ。ヒロインがちょっと印象が弱いかな。もう少し変わった子でもいいと思う。ちょっと中途半端。

これ(↑)と「十八禁」発言は明らかに狙ったものですが、ちょっとうれしかった!(!!
二度目はさすがに、す、好きなんだね!そうなんだね!と思いましたが。貴大と匠くんの進展に期待としきます。

発想とかわりと好きだなー。紙で作るの、清明ぽい。が、いかんせん納得できないのは自分が傷つかないために紙で身代わりを作って攻撃しているはずなのに、自分と紙はつながっていて、紙が攻撃受けると同時に自分も攻撃を受けるってのはどうなのよ。意味がないんじゃ…。

多分カバー買いしたとおもわれr ★★
スポンサーサイト
├紙谷龍生トラックバック(0)  コメント(0) 
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。