--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2006'04.09.Sun

「消えた探偵」秋月涼介

消えた探偵

僕は、また、異世界へ来てしまったのだ――。

設定がおもしろい。
今までのシリーズとはがらりと変えて、一冊ものっぽい。

精神病の患者ばかり集めた診療所で、主人公ももちろんそのうちのひとりの患者。みんな言っていることが信じられるのか、信じられないのかわからない。でもそれぞれの病状と性格が個性的でいい!

ミステリとしては、自分が異世界に落ちてしまうので、不確かで曖昧なんだけど、わりとシンプル。
最後の謎もよくあるといえば、ある。

が、アリーやリーがかわいくて、いい!キャラものぽいのすきだよね、この人!楽しいけど、ちょっと真ん中あたりがたるい感じがしなくもなくはない。キャラものが好きならそこは大丈夫かもしれないけど。

アイディアはいいと思うよ! ★★★
スポンサーサイト
├秋月涼介トラックバック(0)  コメント(0) 
2005'07.05.Tue

「紅玉の火蜥蜴」秋月涼介

紅玉の火蜥蜴

どの方向性を目指してるんだろ。
確かに前作でイラストがつくならCLAMPがいいといったけど、こうくるとは!で、でもさ、前の雰囲気が好きだったんだよ。すごく。うわー。うわー。こうくるのはちょ、ちょっと。そうゆう売りにはしてほしくなかったりもしなくもなくはないような。普通に買いにくいんじゃないかな。こういう表紙だと。とどうでもいい心配をしてしまいます。私もらぶらぶいちゃいちゃしているのはまったく平気でも裸で絡んでる表紙はちょっと躊躇します(違

とにかく一冊目の続き。風桜さんや嘉神さんやら、鴻薙さんやら。前静流がいっぱい出てたら今回も主人公みたいな感じなのかなって思ってたらそうでもなかった(涙
今回は多方面からなわけね。ま、まあいいさ。静流ちゃんの甘酸っぱい独り相撲的な青春を期待してたけど。風桜さんもあまり目立ってない……。そのかわりに鴻薙さんが割りと出てた。

そ、そそそそれにしても!柏木と神崎の、あ、あの仲のよさにはびびったとも!!わー!も、は、恥ずかしいぐらい!じーんと最後はなりました。か、かわいいなー本当。ちょっとこのふたりはダークフォースっぽい。いきなり目立ちすぎというのもどうかと思うけど。際立つというか、浮いてるというか。でも仲がよければそれで満足だから。

うん、ラノベだったらイラスト許せるのに(泣

よろしくな、相棒! ★★★
├秋月涼介トラックバック(0)  コメント(0) 
2005'06.17.Fri

「迷宮学事件」秋月涼介

迷宮学事件

迷宮へと至る、
この重厚な扉は、
死への入口であり、
再生への出口と成る――


これあの密室フェアのか!と読んだ後に気づきました。
迷宮と迷路の違いについての講釈から密室事件。迷路と迷宮の違いはそうなんだとはじめて知った。迷宮てすごい。ま、現在ではその意味の違いは曖昧になってるんだろうけど。

地上部はシンメトリー、地下は迷宮というなんとも興味がわく屋敷。そして隻腕の建築家が自ら設計して住んでいたという。そして迷宮内にて密室殺人。建物だけでもわくわくしてしまう。主人公たちが実際にその建物に訪れるんだけど、めずらしい建築物というと某建築探偵を思い出す。魔女の死んだ家読んだせいか。

秋月氏は前回もだったけど、登場人物がちっとマンガチック。だけど悪い意味じゃなくて、そこがとても好き。入りやすいというか、好感が持ちやすいというか。探偵役・霞美もしっかりした女の子でちょっと強気で自己中で、だけどそれさえも許してしまうというすごさ。その妹・雪恵も対照的で、でも壮絶な過去があるし、記憶力のすごさもびっくり。それにかっこいい綾子さんとへたれ恭太郎。

迷宮に隠されたなぞもびっくりだったけど、霞美と恭太郎の漫才(違)も楽しかった。もうちょっと厚さもほしかった気もすけど、あっさり読める一冊としたらいい。

にしても主人公は恭太郎ではなく、もしかして雪恵さんですか!

迷宮! ★★★★
├秋月涼介トラックバック(0)  コメント(0) 
2005'06.02.Thu

「月長石の魔犬」秋月涼介

月長石の魔犬

久しぶりにメフィスト賞ものでも。第二十回の。

というよりも積読してたの。大量購入してはクローゼットの中で眠らせてしまう。ちまちま読むのが好きなんす。

わりとあっさりと読めた。人物がそこまでぶっ飛んでないけど、変わった人多くて、テンポもいいし、さくさくと読めましたとも。変なというよりもかわいく変わった人多い。青紫堂の風桜といい、静流ちゃんといい、刑事さんたちもいい。ちょっと漫画ちっくな感じもしなくはないけど。漫画にするならここはぜひCLAMPで、というより頭の中のイメージがCLAMPで。風桜とか、静流ちゃんとか、すべてにおいて。

まーそれはよくって、事件は起きてるんだけど、ミステリというよりも、謎解きがあまりなくって、一見風桜が探偵役っぽいけど、そうでもなくって、この話はどこに収束していくんだろうなと思っていたらやっぱりそこで、というような。

とにかくみんなかわいい。

月狂の魔犬! ★★★
├秋月涼介トラックバック(0)  コメント(0) 
 |TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。